プライバシーゾーン

プライバシーゾーンの作成

  1. ウェブの場合は、右上のプロフィール写真にカーソルを合わせて「設定」を選択し、設定ページを開きます。
    1. ページ左側の「プライバシーコントロール」タブをクリックします。
    2. 「プライバシーゾーン」の下にあるフィールドに住所またはGPS座標を入力し、半径を選択して、「プライバシーゾーンを作成」をクリックします。
  2. モバイルアプリの場合は、「プロフィール」の右上にある歯車アイコンをタップし、「プライバシーコントロール」をタップします。 「その他の設定」内の「プライバシーゾーン」をタップします。
    1. 右上の追加ボタンをタップします。
    2. 住所を入力し、半径を選択して、設定します。

プライバシーゾーンを再生成する

  • プライバシーゾーンを「再生成」するオプションを選択すると、入力した住所の周囲で非表示にする領域がランダムに設定されます。
    • これに伴うアクティビティの更新には少々時間がかかります。更新中は、このプライバシーゾーンを再度生成することはできません。

 

Privacy_Zones_1_-_Jap.png

 

Japanese2.jpg  Privacy_Zones_3_Android_-_Japanese_png.png 

 

しくみ

アクティビティのうち、プライバシーゾーン内で開始または終了する部分は、あなたのアクティビティを閲覧する他のStravaアスリートには非表示になります。 あなた自身はアクティビティの 該当部分を見ることができますが、他のアスリートは閲覧できません。

  • アクティビティの最中に、プライバシーゾーン内で一時停止したり、プライバシーゾーンを通過した場合、該当部分は非表示になりません
  • 新しく設定されたプライバシーゾーンは、過去の記録と今後すべてのアクティビティに自動的に適用されます。
  • 該当する住所がない場合、緯度/経度を住所の代わりに使用することができます。
  • 各アクティビティの開始地点または終了地点には、1つのプライバシーゾーンのみを適用することができます。そのため、複数の重複しているプライバシーゾーンを設定している場合でも、1つのプライバシーゾーンのみが各開始地点または終了地点に適用されます。
  • あなたのフォロワーを含む他のアスリートが、あなたのプライバシーゾーン内からアクティビティを開始した場合、そのアスリートのアクティビティでは該当部分は非表示に なりません
  • プライバシーゾーン内で開始/終了するセグメントリーダーボードには表示されず、そのセグメントではKOM/QOM/CR/Local Legendを保持したり獲得することはできません。プライバシーゾーンを削除すると、セグメント一致機能と、各セグメントでのKOM/QOM/CR/Local Legendが復活します。
  • Facebookなどの他のSNSでシェアする場合も、プライバシーゾーン設定が反映されます。

Q & A

プライバシーゾーンを作成しましたが、アクティビティが非表示になりません。

プライバシーゾーンの設定後も、ご自身のデータは閲覧できることをご了承ください。他のユーザーに対して非表示になっているかどうかを確認するために、プライバシーゾーンをマップ上に赤い 円で表示することができます。 マップのオプションメニューから、「プライバシーゾーンを表示」 の隣にあるチェックボックスを選択します。 

Japanese4.jpg

Privacy_Zones_5_-_Zone_Displayed.png

 

この記事は役に立ちましたか?
35人中20人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。