PelotonとStrava

Pelotonバイクを、あなた専用のサイクリング・スタジオとして使いましょう。ニューヨークのエリート・インストラクターによるグループレッスンを、ライブやオンデマンドで、自宅にいながら気軽に楽しむことができます。PelotonのアクティビティをStravaに自動的にアップロードすることも可能です。

条件

PelotonアクティビティのStravaへの自動アップロード

  • 既存のPelotonアカウントにログインするか、新規アカウントを作成します。
  • バイクでPelotonアカウントにサインインします。
  • 画面右下の・・・アイコンをタップします。
  • ナビゲーションメニューから、 Profile > Social > Strava > Connected と進みます。
  • Stravaアカウントで使用しているメールアドレスとパスワードを入力します。
  • 許可設定を行います。PelotonのアクティビティをStravaに自動的にアップロードするには、 「Upload activities to your profile」を有効にする必要があります。
  • この設定を有効にすると、それ以降に行ったアクティビティのみが、Stravaに自動的にアップロードされます。

ホーム画面右下の・・・アイコンから、自動アップロードの設定を変更できます。 Profile > Settings > Socialと進み、「Automatically post my rides to Strava」を無効にしてください。

個々のPelotonアクティビティのStravaへのアップロード

Pelotonで登録したアクティビティを共有する方法は、2つあります:

  • アクティビティ概要画面から、 Share をタップすると、Stravaに共有するオプションが表示されます。 
  • ダッシュボード左下のAccount をタップして、 Workout Historyを選択します。
    • Stravaアカウントにアップロードしたいアクティビティを選択します。
    • アクティビティ詳細画面右上のShareアイコンをタップして、Stravaを選択します。

screen-strava-3-565x386.png

この記事は役に立ちましたか?
57人中27人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。