Grade Adjusted Pace (GAP)

Stravaサブスクライバー は、Grade Adjusted Pace (GAP)分析を使用して、アップヒル、ダウンヒル、そして平地における運動強度を簡単に比較できます。

GAPとは?

Grade Adjusted Paceはランニング時の地形の急勾配を考慮し、平地を走った場合の推定ペースを算出します。アップヒルのランニングにはより大きな負荷がかかるため、その際のGrade Adjusted Paceは実際のランニングペースよりも速くなります。同様に、ダウンヒルを走る際には、Grade Adjusted Paceは実際のランニングペースよりも遅くなります。

通常、勾配が急であるほど、GAPと実際のペースとの差は大きくなります。アスリートのデータを分析すると、下りの補正値は、おおよそ-10%の勾配をピークに、その値の変化はより緩やかになる傾向があります。GAPは地形の技術的難易度やコンディションなどは考慮していませんのでご注意ください。実際の走行データを使用したGAPモデルの形成に関する詳細は、 こちらをご覧ください。

アクセス方法

GAPはStravaウェブサイトとモバイルアプリからご利用いただけます。以下の箇所からGAPをご確認ください。

  • 全てのランニングで、 アクティビティ全体を通したGAPがグラフ化され、平均GAPと共に「分析」画面に表示されます。
  • アップダウンの激しいランニングについては、平均GAPが主要なアクティビティ統計データとして、スプリットごとに表示されます。
  • モバイルアプリでは、急な上り坂のセグメントに関しては、そのセグメントだけの平均GAPが表示されます。

Japanese1_1.jpg Japanese2.1.jpg

この記事は役に立ちましたか?
204人中203人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。