アクティビティに動画や写真を追加する

Stravaでアクティビティを完了した後、動画や写真をいつでも追加することができます。すべてのアスリートにStravaコミュニティスタンダードの遵守をお願いしていますが、動画や写真をコミュニティで共有する際にも、同様に遵守いただける様、お願いいたします。

  • 30秒までの動画に対応しています。30秒以上の動画の場合で、アップロードする30秒間を選択したい場合は、カメラロール内で動画をトリミングすることをお勧めします。そのままアップロードすると、30秒以上の動画は自動的に最初の30秒がトリミングされます。
  • ポートレート、パノラマ、ランドスケープ、スクエアのアスペクト比に対応しています。
  • アクティビティに追加できる動画や写真の数に制限はありません。ただし、アクティビティ画面に表示される数は、モバイルアプリの場合は6個まで、ウェブは12個までとなります。

動画・写真のアップロード

動画は、Stravaのウェブサイトでも、自分や他のアスリートのアクティビティ画面で閲覧できますが、動画をアクティビティに追加できるのは、Stravaモバイルアプリからのみです。

モバイルアプリの場合

  1. 編集したいアクティビティの画面を開き、…アイコン > 「アクティビティを編集」をタップします。モバイルアプリで記録したアクティビティを保存する前に、動画や写真を追加することもできます。
  2. 画像のアップロードアイコンをタップします。スマートフォンのライブラリに移動して、アップロードしたい動画や写真を見つけます。
  3. アップロードしたい動画や写真をすべて選択し、「追加」をタップします。
  4. アクティビティを公開する準備ができたら、画面下部の「アクティビティを更新」または右上の「保存」をタップしてください。

ウェブサイトの場合

  1. 編集したいアクティビティのページを開き、鉛筆アイコンをクリックします。
  2. ページ下部の「写真」の下にあるボックス内をクリックします。
  3. パソコン内部に保存されている画像を選択し、「開く」をクリックします。または、写真ボックス内に画像ファイルをドラッグ&ドロップします。Stravaのウェブサイトでアップロードできるのは写真のみです。アクティビティに動画をアップロードする場合は、モバイルアプリから行ってください。
  4. 編集した内容を公開する準備ができたら、アクティビティ編集画面の右上にある「保存」をクリックします。

動画・写真の管理

アクティビティ編集画面では、ハイライトするイメージの選択、動画や写真の削除・追加を行うことができます。

  • アクティビティのハイライトとして表示する動画や写真を選択することができます。アクティビティの編集画面から、希望のサムネイルを長押しすると、「ハイライトに設定」のオプションが表示されます。選択したイメージには、オレンジ色の下線が表示されます。
  • アクティビティから動画や写真を削除するには、アクティビティ編集画面から削除したいイメージをタップまたはクリックし、「削除」を選択します。

Q & A

動画や写真がアップロードした順番に表示されません。

現在、動画や写真がアップロード順ではなく、ランダムな順番で表示される不具合が発生しています。ご不便をおかけし申し訳ありませんが、問題解決までしばらくお待ちください。

フィードで動画が自動的に再生されるのを止めることはできますか?

はい。このオプションは、モバイルアプリまたはウェブサイトのどちらでも設定できます。変更した内容は、両方のプラットフォームで適用されます。

  • モバイルアプリの場合、「ホーム」「グループ」「あなた」タブの右上にある歯車アイコンから、設定を開きます。スクロールダウンして、「動画の自動再生」オプションをオフに切り替えます(オレンジ色でハイライトされなくなります)。
  • ウェブサイトの場合、右上のプロフィール写真にカーソルを合わせ、ドロップダウンメニューから「設定」を選択します。左側のメニューから「設定を表示」を選択します。「動画の自動再生」をオフに切り替えます(緑色のハイライトが消えます)。
この記事は役に立ちましたか?
57人中30人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。