Stravaの地図に関して

地図に関して

2019年10月30日時点で、フィードとアクティビティ詳細ページのスタティックマップ(静的地図画像)は、OpenStreetMapの道路、広場、公園、トレイルなどのデータに基づいた、Mapboxより提供されています。

StravaのWebサイトから、標準マップと衛星マップの2つのタイプでアクティビティを表示できます。衛星地図は、DigitalGlobe、NASA、およびMapboxソースを使用します。

Stravaアプリのインタラクティブマップは、AndroidではGoogleマップを、iOSではAppleのマップを使用しています。

StravaウェブサイトおよびiOS・AndroidのStravaアプリ上のマップのサムネイル画像は、ODbL のライセンスに基づき、©OpenStreetMapのデータを使用しています。Stravaはまた、OpenStreetMapへ積極的に貢献しています。 ODbLの著作権とライセンスについては、こちらをご覧ください。

 

地図に関するフィードバック

こちらの記事 をご確認いただき、Stravaコミュニティのために、地図の改良に関するフィードバックをお寄せください。

この記事は役に立ちましたか?
542人中366人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。