FitbitとStravaの連携

FitbitのアクティビティをStravaに自動的に同期させることができます。FitbitとStravaの接続認証については、http://strava.fitbit.com/をご覧ください。Stravaモバイルアプリでは、iOSの場合、「設定」 > 「アプリケーション、サービス、デバイス」 > 「新しいデバイスをStravaに接続する」> 「Fitbit」から設定してください。Androidの場合、「設定」>「他サービスへリンク」>「デバイスをStravaに接続する」から設定してください。

  • アカウント接続後に新たに記録されたアクティビティのみが、自動的に同期されます。Fitbitから過去のアクティビティをエクスポートしてStravaに直接アップロードしたい場合は、Fitbitのデータエクスポートに関する説明書を参照してください。
  • GPSデータのないアクティビティや重複するアクティビティは、Stravaに同期されません。

FitbitのデータがStravaに同期されない場合はどうすればよいですか?

  1. アカウントを再接続し、Fitbitトラッカーを同期させて、1時間程度待ってみてください。
  2. StravaアプリとFitbitアプリやデバイスで、同時に重複したアクティビティを記録していないか確認してください。
  3. Fitbitを使用している場合、GPSデータを伴うアクティビティを記録していることを確認してください(Fitbitで記録したGPSデータを伴うアクティビティのみがStravaに同期されます)。
  4. 同期したいアクティビティが、アカウント接続後に記録したものであるか確認してください(アカウント接続前に記録したアクティビティは同期されません)。
  5. 上記の手順で同期がうまくいかない場合は、FitbitのウェブサイトからTCXエクスポートを使用して、アクティビティのコピーをダウンロードし、Stravaのアカウントにアップロードすることができます。「TCXファイルとしてエクスポート」オプションが表示されない場合は、アクティビティにStravaと同期するために必要なGPSデータが含まれていない可能性があります。その場合は、Fitbitにお問い合わせください。
この記事は役に立ちましたか?
326人中163人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。