他のアスリートのアクティビティからGPXファイルでルートをダウンロードする (Summit)

Summitユーザーは、他のStravaアスリートのアクティビティからルートのデータをダウンロードまたはエクスポートすることが可能です。このデータをGarmin Edgeデバイスに移行することで、Stravaのマップやコースを使用できます。

どのアクティビティのページ上にも、アクティビティマップの右上(以下の画像でマークされている箇所)にGPXダウンロードボタンが表示されます。このボタンをクリックし、GPXファイルをPCにダウンロードしてください。

  • GarminデバイスをPCに接続する。
  • PC上のGarminドライブから「Garmin」フォルダーを開き、「NewFiles」または「GPX」というサブフォルダーを確認する。
  • ダウンロードしたGPXファイルを上記サブフォルダーにドラッグ&ドロップし、他のUSBデバイスを取り外す時と同様に、Garminデバイスを安全に取り外す。(ダウンロードしたGPXファイルをGarminデバイスに移行する方法はPCの設定によって異なる場合がありますが、基本的には他のUSBデバイスと同様の操作です。)
  • その後Garmin Edgeデバイスの電源を入れると、「コース」メニューにダウンロードしたルートが表示され、準備完了です。 Garmin 500デバイスでコースのデータを扱うには、TCXファイルのダウンロードが必要です。

GPXファイルはアスリートのプライバシーコントロールと連動しているため、ダウンロードの際、エクスポート可能な全てのアクティビティからパフォーマンスデータが削除され、自身のファイル以外はプライバシーゾーン設定が反映されます。 アクティビティのプライバシーコントロールが「自分のみ」に設定されている場合、そのアクティビティを行ったアスリートのみがGPXファイルをエクスポート出来ます。 アスリートのプロフィールページの公開範囲が「フォロワー」のみに設定されていて、そのアスリートをフォローしていないユーザーは、アクティビティをダウンロードすることは出来ません。

Mountain_Bike_Ride__________Strava.jpg

自身のアクティビティからタイムデータを含むGPXファイルをエクスポートする手順は、 こちらをご覧ください。

この記事は役に立ちましたか?
24人中18人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。