Stravaアカウントの削除

2018年5月25日時点で、ユーザーは自身のアカウントを削除し、Stravaのシステムからすべての個人情報・データを永久的かつ不可逆的に削除することができます。

Stravaアカウントを削除する方法

この手順に従ってアカウントを削除すると、ユーザーのアカウントとデータは永久に削除され、今後復旧することはできませんのでご注意ください。

  1. サブスクリプションの解約をご希望の場合は、こちらをご覧ください。
  2. Stravaウェブサイトの場合:
    1. 削除したいアカウントにStrava.comからログインします。削除したいStravaアカウントにアクセスできない場合、 パスワードをリセットする必要があります。
    2. ログイン後、右上のプロフィールアイコンにカーソルを合わせ、「設定」を選択します。左側のメニューから「My アカウント」をクリックします。
    3. 「 アカウントをダウンロードまたは削除」の下の「始める」ボタンをクリックします。
  3. Stravaモバイルアプリの場合:
    1. ホームグループまたはあなたタブの右上にある歯車アイコンをタップし、設定画面を開きます。
    2. iOSでは、「ヘルプ」 > 「アカウントを削除」を選択します。Androidでは、「アカウントを削除」を選択します。
    3. 次に、ログインページが開きます。
  4. ウェブサイトでもモバイルアプリでも、次のページでデータのアーカイブをリクエストすることができます。データの一括エクスポートについては、こちらをご覧ください。
  5. 既にデータをダウンロード済み、あるいは、ダウンロードを希望しない旨を確認し、チェックボックスにチェックを入れてください。
  6. 「アカウント削除をリクエスト」ボタンを選択すると、確認メールが届き、そこからアカウントの削除を完了できます。このため、Stravaプロフィールに登録されたメールアドレスへのアクセスが必要になります。
    1. メールアドレスを変更したい場合は、こちらをご覧ください。
    2. Facebookからサインアップした場合、メールアドレスはFacebookアカウントに登録されているものと同じです。

誤ってStravaに2つのアカウントを作成してしまった場合は、不要なアカウントを削除して、残った方のアカウントを利用しましょう。重複しているアカウントを削除する前に、データの結合や移行が必要な場合は、こちらをご覧ください。

セグメントとルート

プライベートに設定したセグメントとルートは、ユーザーのアカウント削除と同時に削除されますが、公開設定したセグメントとルートに関しては、Stravaが永久ライセンスを保持します。ユーザーの作成した公開セグメントとルート (現在のタイトルを含む) は、アカウントを削除しても、Stravaプラットフォーム上に残ります

  • 個人を特定できる情報をタイトルに使用しないことをお勧めします。
  • 元のアクティビティとGPSデータはセグメントに紐づけられなくなり、削除されたユーザーのアクティビティはセグメントリーダーボードに表示されなくなります。
    • Strava上の公開セグメントまたはルートを削除したい場合は、アカウントを削除する前に、セグメントルートを削除してください。公開セグメントをプライベートに変更する方法はありません。

クラブ

アカウントを削除すると、ユーザーの名前や投稿内容はStravaクラブから削除されますが、作成したクラブはStrava上に残ります。

  • クラブ名とカバー写真、説明は変わりません。
  • アカウントを削除しても、クラブオーナーとしてのステータスは、他のクラブメンバーに自動的に移行されません
  • クラブオーナーが不在のままクラブが存続することになりますので、アカウントを削除する前に、別のメンバーをオーナーに設定することをお勧めします。詳細はこちらをご覧ください。
    • オーナー不在のクラブは、クラブ自体を削除したり、新しい管理者を追加したりすることができません。
    • オーナーも管理者も不在のクラブは、新規イベントを作成したり、招待制クラブへの参加リクエストを承認したりすることができません。
この記事は役に立ちましたか?
298人中79人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。