アクティビティのプライバシーコントロール

アクティビティのプライバシーコントロールを「フォロワー」か「自分のみ」に設定している場合、セグメントリーダーボードには表示されません。また、一部のチャレンジにはカウントされません。  

  • セグメントリーダーボードに表示するには、アクティビティのプライバシーコントロールを「全員」に設定してください。プライバシーコントロールの詳細については下記をご覧ください。
  • アクティビティのプライバシーコントロールをどの設定にしても、自身のセグメントタイムは常にアクティビティページ上で確認できます。また、「My結果」フィルターにより、該当するセグメント(区間)に対するタイムの全履歴を見ることができます。
  • 一部のチャレンジでは、アクティビティのプライバシーコントロールを「全員」に設定する必要があります。参加するチャレンジのページから公式ルールをご確認ください。プライバシーコントロールの詳細については下記をご覧ください。

アクティビティ詳細ページとは?

アクティビティ詳細ページには、ウェブまたはモバイルアプリ内のアクティビティに関する総合データが表示されます。アクティビティの日時、タイム、統計、生体データ、分析グラフ、地図、一致セグメント、アチーブメント、高度プロフィールをはじめとするさまざまな数値を確認できます。

どこでプライバシーコントロールを設定できますか?

  • 初期設定の変更
    • アクティビティのプライバシーコントロールの初期設定の変更は、その後にアップロードされるすべてのアクティビティに反映されますが、過去のアクティビティには反映されません。 
    • ウェブの場合は、右上のプロフィール写真にカーソルを合わせて「設定」を選択し、 設定ページ を開きます。
      • ページ左側の「プライバシーコントロール」タブをクリックします。
      • 「アクティビティ」から「全員」「フォロワー」または「自分のみ」を選択します。
    • Androidの場合は、ナビゲーションメニューから「設定」を選択し、次のページで「プライバシーコントロール」を選択します。
      • 「アクティビティ」から「全員」「フォロワー」または「自分のみ」を選択します。
    • iOSの場合は、プロフィール画面右上にある歯車アイコンを選択し、「プライバシーコントロール」を選択します。
      • 「アクティビティ」から「全員」「フォロワー」または「自分のみ」を選択します。
  • 個々のアクティビティにおける調整
    • 個々のアクティビティについてもプライバシーコントロールが可能です。モバイルまたはウェブのアップロードページで設定します。
    • ウェブの場合は、アクティビティを開いて「編集(鉛筆アイコン)」をクリックし、「プライバシーコントロール」で「全員」「フォロワー」または「自分のみ」を選択します。
    • モバイルアプリの場合は、アクティビティを開いて「編集」をタップし、「プライバシーコントロール」で、「全員」「フォロワー」または「自分のみ」を選択します。

コントロールの範囲は?

アクティビティのプライバシーコントロールにより、アクティビティの詳細ページにアクセスできるユーザーを全員、フォロワー、または自分のみに制限することができます。初期設定でお好みのプライバシー設定をすると、アップロードしたすべてのアクティビティにこの設定が自動的に適用されます。または、個々のアクティビティに対して公開範囲(誰に表示するか)を変更することも可能です。

  • 「全員」を選択した場合: 
    • すべての Strava アスリート:
      • Strava アスリートは誰でもこのページのすべてを閲覧できます。プロフィールのコントロールを「全員」に設定すると、アクティビティの写真やギアがフォロワー以外にも表示されます。写真やギアをフォロワー以外に表示しない場合は、プロフィールの公開設定を「フォロワー」にします。
      • アクティビティは、セグメントおよびチャレンジのリーダーボードに表示されます。このリーダーボードから、他のユーザーがあなたのアクティビティ詳細やプロフィールページにアクセスできます。
    • ウェブ上のすべてのユーザー:
      • アクティビティの距離、高度、運動時間、ペース/スピード、カロリー、相対的エフォート、写真(プロフィールが「フォロワー」に設定されている場合を除く)、地図、高度プロフィール、高成績アチーブメント、スプリット、人気の一致セグメントとそのタイム、「Kudos(スゴイ!)」、コメントなど、アクティビティページをログアウトバージョンで見ることができます。
  • 「フォロワー」を選択した場合: 
    • フォロワー:
      • 開始時間や写真、ギアを含め、詳細ページのすべてを見ることができます。
      • アクティビティは、セグメントおよびチャレンジのリーダーボードには公開されません。自分と自分のフォロワーは、アクティビティ詳細ページで一致セグメントとそのセグメントのタイムを見ることができます。
    • フォロワー以外:
      • このページにはアクセスできませんが、プロフィールまたはクラブのフィードでアクティビティの概要を見ることができます。プロフィールおよびクラブのフィードにアクティビティの概要を表示しないようにするには、プロフィールの公開範囲を「フォロワー」に変更する必要があります。
      • 他のアスリートと一緒に行ったグループアクティビティが表示される可能性はありますが、詳細ページにはアクセスできません。これが表示されないようにするには、グループアクティビティの公開範囲を変更してください。
    • ウェブ上で非公開:
      • ログアウトバージョンのアクティビティを見ることができます。ログアウト中のウェブユーザーが、「フォロワー」に設定されたアクティビティにアクセスしようとすると、サインインまたはアカウントの作成ページにリダイレクトされます。
    • ウェブ上のすべてのユーザー:
      • Flyby の公開範囲が「全員」に設定されている場合、アクティビティが Strava Flyby に表示されます。Flyby に表示されないようにするには、Flyby のコントロールを変更します。
  • 「自分のみ」を選択した場合
    • アクティビティの詳細ページにアクセスできるのは、自分のみです。
    • アクティビティはプロフィール上にもクラブのフィードの概要としても表示されません。また、どのリーダーボードにも表示されません。 
    • アクティビティがチャレンジにカウントされる場合には、他のアスリートはあなたの進捗状況を、アプリのプロフィールページ上のチャレンジの進捗グラフから見ることができます。
    • アクティビティ詳細ページで、一致セグメントとそのセグメントのタイムを見ることができます。
この記事は役に立ちましたか?
81人中58人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。