アクティビティを「切り取る」ツール

「切り取る」ツールは、アクティビティの不要な部分、不正確な部分やモーターアシストなどの部分をカットするために使用します。なお、切り取ることができるのはGPSデータのあるアクティビティのみで、一部の屋内アクティビティは対象外となります。また、アクティビティの途中からデータを切り取ることはできず、開始地点か終了地点からのみ切り取り可能です。「切り取る」ツールの使用例はこちら:

  • アクティビティの開始または終了時の、不要な休憩時間のカット
  • アクティビティの最初または最後の、車での移動やモーターアシストの部分のカット
  • ライドの最初または最後の、GPSエラーの削除

「切り取る」ツールの使用方法

  • ウェブサイトでは、切り取りたいアクティビティの詳細ページを開き、左のアクションアイコン(・・・)をクリックします。メニューから、「切り取る」を選択します。
    • スライダーを使って、残しておきたい部分を指定します。マップ上で、オレンジ色で表示されている部分が残り青色で表示されている部分は削除されます。
    • 微調整には、スライダー直下の両端にある「戻る」「進む」のボタンを使用してください。なお、サテライトマップを選択すると、+アイコンから、さらにズームインして地図を拡大表示することができます。
    • 位置を決定したら、左の「切り取る」ボタンをクリックします。
      Crop_Activity___A_perfect_afternoon_.jpg
  • モバイルアプリでは、切り取りたいアクティビティの詳細ページを開き、右上の・・・アイコンをタップします。メニューから、「アクティビティを切り取る」を選択します。
    • スライダーを使って、残しておきたい部分を指定します。マップ上で、オレンジ色で表示されている部分が残りiOSでは青色で、Androidではグレーで表示されている部分は削除されます。
    • 微調整には、スライダーの上下にある、開始地点・終了地点の両脇の矢印アイコンをタップしてください。1秒ずつ調整できます。
    • 位置を決定したら、右上の「保存」をタップします。

IMG_3095.jpg Screenshot_20200219-121154_Strava.jpg

「切り取る」ツールで問題が解決しない場合

  • アクティビティの途中に不正確なデータがある場合:例えば、ライドのアクティビティの途中に車で移動した部分がある場合、「切り取る」ツールでは修正することができません。アクティビティの途中の部分を削除するには、アクティビティを2つに分割してから、該当部分を切り取る方法しかありません。
  • アクティビティ全体が車などでの移動の場合:アクティビティ全体が車やバイク等での移動の場合は、スポーツタイプを「ライド」や「ランニング」以外に変更することをお勧めします。スポーツタイプを変更すると、そのアクティビティはリーダーボードから削除されます。アクティビティ全体が車などでの移動の場合は、「ワークアウト」として登録しましょう。
  • 不正確なデータや車で移動した部分があるアクティビティが、自分のものでない場合:「切り取る」ツールを使用できるのは自分のアクティビティのみです。他のユーザーの不正確なデータを発見した場合は、該当アクティビティにフラグを立てることで、アクティビティのタイムをセグメントリーダーボードから削除することができます。

誤って操作した場合

アクティビティの切り取りを取り消すことはできませんが、アクティビティの元のバージョンを再アップロードすることはできます。該当アクティビティの既存バージョンがすべて削除された状態で、新しいバージョンをアップロードする必要があります。元のアクティビティへのKudosやコメント、投稿写真がすべて削除されてしまいますので、ご注意ください。

  • Stravaウェブサイトのアクティビティ詳細ページで、アクションアイコン(・・・)をクリックし、「オリジナルをエクスポート」を選択します。元のアクティビティファイルがパソコンにダウンロードされます。
  • 間違って切り取ったアクティビティを削除します。
  •  こちらから元のファイルをアップロードします。
この記事は役に立ちましたか?
91人中63人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。