相対的エフォート(Summit)

2018年4月 新規リリース

しくみ

アクティビティの詳細 ページに記載されている相対的エフォートは、心拍数データを伴うアクティビティにおける有酸素運動の量を測定したものです。短時間の激しいアクティビティ は、長時間の緩いアクティビティと同様の負荷を必要としますが、相対的エフォートによりこの 2 つのアクティビティを比較することができます。さらに、スポーツタイプごとに荷重されるため、スポーツ全体で比較できます。また、個人の 心拍数ゾーン に合わせた値が表示されるため、ほかのアスリートと比較することも可能です。

負荷の大きい10Kを友達と走った場合、フィニッシュタイムが異なっていても相対的エフォートは同様の値を示します。 同じ時間をかけて全力で自転車をこいだ場合も、相対的エフォートは同等になります。

週間エフォート

週間エフォートには、その週の相対的エフォートの合計が表示されます。グラフの中央には、毎週の傾向を基にした相対的エフォートの範囲が白い帯で示されています。この範囲内でアクティビティを行うと、過剰トレーニングのリスクを最小化しながらフィットネスを維持または構築できます。

  • 範囲内: フィットネスを維持または改善できる生産的なアクティビティの量。この範囲内でアクティビティを行った週は、追加のリカバリタイムは必要ありません。

graph_2_preview.jpg

  • 範囲以下: 平均を下回るアクティビティの量。リカバリに充てる週は、週間範囲より下のレベルでアクティビティを行います。

graph_3_preview.jpg

  • 範囲以上: 平均を上回るアクティビティの量。負荷を急激に上げたことを示唆しており、ケガや過剰トレーニングのリスクが増加します。

graph_4_preview.jpg

FAQ

この機能を使用するために必要なSummitのパックはどれですか?

相対的エフォートはアナリシスパックに含まれています。

正確な週間範囲を確保するには?

通常のアクティビティレベルを反映したデータをたくさんアップロードすればするほど、週間範囲はより正確になります。

アクティビティの相対的エフォートが表示されないのはなぜですか? 

相対的エフォートは Summit メンバー限定の機能で、心拍数データを含むアクティビティについてのみ表示されます。アクティビティに心拍数データがあるにも関わらずStravaで表示されない場合は、Stravaに ヘルスデータへのアクセス を許可しているか、ご確認ください。

心拍数データを含む水泳アクティビティに相対的エフォートが表示されないのはなぜですか?

現在、相対的エフォートの算出は GPS を使用した屋外での水泳に対してのみ可能です。屋内の水泳アクティビティの心拍数データを処理することはできません。

さらに詳しく

Strava ブログ

この記事は役に立ちましたか?
1309人中1265人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。