アプリの権限設定

  • 「プロフィール情報の閲覧」 を許可すると、アプリは以下の情報にアクセスできます。
    • 氏名
    • アスリートID
    • 公開されたセグメントリーダーボード
    • パブリックルート
    • ギア
    • 所属クラブ
  • 「全プロフィール情報の閲覧」 を許可すると、アプリは以下の情報にアクセスできます。
    • 位置情報
    • 性別
    • 体重
    • 機能的作業閾値パワー(FTP)
  • 「セグメントやルートなど、アクティビティ以外の非公開データの閲覧」を許可すると、アプリは以下のアクティビティ以外の情報にアクセスできます。
    • ルート
    • セグメント
  • 「メールアドレスの閲覧」を許可すると、アプリはメールアドレスにアクセスできます。
  • 「プロフィール情報の編集」を許可すると、アプリは以下の情報を アップロードまたは修正できます。
    • 体重(例: スマートスケールより)
    • 機能的作業閾値パワー(FTP)
    • クラブメンバーシップ(Strava上にクラブがあるアプリのみ)
    • セグメントをお気に入りに設定する
  • 「アクティビティデータの閲覧」を許可すると、アプリは公開範囲が「全員」または「フォロワー」に設定されたアクティビティの詳細全てにおいて、読み取り専用でアクセスできます。プライバシーゾーン内でのアクティビティデータは含まれません
  • 「非公開アクティビティデータの閲覧」を許可すると、アプリは「自分のみ」に公開範囲を設定したアクティビティを含め、全てのアクティビティ詳細情報に読み取り専用でアクセスできます。プライバシーゾーン内でのアクティビティデータも含まれます
  • 「アプリからアクティビティをStravaにアップロード」を許可すると、アプリはアクティビティをアップロードまたは修正できます。「自分のみ」に公開範囲を設定したアクティビティは、アプリに「非公開アクティビティデータの閲覧」を許可していなければ、修正できません。
この記事は役に立ちましたか?
5人中1人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。