アクティビティの心拍数を非表示にする

心拍数データを他のStravaアスリートから閲覧できなくするには、アクティビティの編集・保存画面で「心拍数を非表示にする」設定を有効にします。この設定は個々のアクティビティごとに有効にすることができ、後からいつでも変更できます。

  1. ウェブサイト上で心拍数データを非表示にする方法
    1. Strava.comで心拍数データを非表示にしたいアクティビティを見つけます。
    2. 編集オプションをクリックします(鉛筆アイコン)。
    3. 「心拍数を非表示にする」の横にあるボックスをクリックして、この設定を有効にします。
  2. モバイルアプリで心拍数データを非表示にする方法  (ステップ4の通り、記録・保存画面でも心拍数データを非表示にすることができます。)
    1. 心拍数データを非表示にしたいアクティビティを見つけます。
    2. 右上の〇〇〇アイコンをタップします。
    3. 「編集」をタップします。
    4. 「心拍数を非表示にする」 設定までスクロールし、タップするとオレンジ色になり、設定が有効になります。

Q&A

心拍数データを非表示にするよう初期設定できますか?

初期設定で、心拍数データを非表示にすることはできません。初期設定では他のアスリートに心拍データが表示されますが、アクティビティの編集・記録画面でいつでも設定を変更できます。

自分の心拍数データを見ることはできますか?

はい。ご自身のアクティビティの心拍数データは、見ることができます。

心拍数データを非表示にしても、Fitness & Freshnessや相対的エフォートのようなトレーニング機能に反映されますか?

はい。非表示にした心拍数データもこれらの機能に反映されます。

心拍数データを非表示にするために、以前のアクティビティを一括で更新することはできますか?

いいえ。現時点では、この設定を一括で更新することはできません。

Stravaにヘルスデータの処理を許可・拒否することと、どのような違いがありますか?

心拍数を非表示にすると、ご自身のアクティビティの心拍数データは引き続き閲覧できますが、他のアスリートには表示されなくなります。 Stravaにヘルスデータの収集・処理を許可しない場合、心拍数データは完全に削除されます。アクティビティファイルから心拍数データが削除されるため、ご自身も他のユーザーもデータを閲覧することはできません。詳細は こちらをご覧ください。

この記事は役に立ちましたか?
1人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。