過去のアクティビティを編集する

Stravaウェブサイトおよびモバイルアプリのプライバシーコントロールページから、過去のすべてのアクティビティの公開範囲心拍数の公開範囲 を、一括で変更することができます。変更は、過去の すべて のアクティビティに反映されますので、ご注意ください。

  • ウェブサイトでは 、右上のプロフィール写真にカーソルを合わせ、 設定をクリックします。
    • ページ左側の プライバシーコントロール タブをクリックします。
    • 「過去のアクティビティを編集」の下の アクティビティの公開範囲心拍数の公開範囲 にチェックを入れて、 次へをクリックします。
    • 公開範囲を選択し、 次へをクリックします。
  • モバイルアプリの場合は「ホーム」「グループ」「あなた」 のいずれかのタブで、右上の歯車アイコンをタップし、「プライバシーコントロール」を選択します。
    • プライバシーコントロール > 過去のアクティビティを編集  > 始める、の順に選択してください。
    • アクティビティの公開範囲 心拍数の公開範囲 にチェックを入れて、 次へ をタップすると、変更する範囲のオプションが表示されます。
  • アクティビティの設定変更には、反映まで少し時間がかかることがあります。この間に、変更を破棄したり、別の設定にしたりすることはできませんのでご注意ください。

コントロールの範囲は?

アクティビティのプライバシーコントロールでは、アクティビティ詳細ページへのアクセスを、「全員」、「フォロワー」、または「自分のみ」に制限できます。 公開セグメントリーダーボードに表示されるには、アクティビティのプライバシーコントロールを「全員」に設定する必要があります。従って、アクティビティを 「全員」から「フォロワー」または 「自分のみ」 に変更すると、アクティビティのセグメントにおけるアチーブメントが失われてしまいます。 各概要については、以下を参照してください。詳細は アクティビティのプライバシーコントロールをご覧ください。

  • 「全員」を選択した場合、 すべてのStravaアスリートがアクティビティ詳細ページを閲覧でき、ウェブサイト上のすべてのユーザーがアクティビティページをログアウトバージョンで見ることができます。また、アクティビティはセグメントおよびチャレンジのリーダーボードに表示されます。
  • 「フォロワー」を選択した場合、 フォロワーはアクティビティページを閲覧できますが、アクティビティはセグメントおよびチャレンジのリーダーボードには表示されません。フォロワー以外やウェブサイト上のすべてのユーザーは、このページを閲覧できません。
  • 「自分のみ」を選択した場合、 アクティビティ詳細ページにアクセスできるのは、自分のみです。アクティビティはプロフィール上にもクラブのフィードの概要としても表示されません。また、どの公開リーダーボードにも表示されません。 
この記事は役に立ちましたか?
21人中9人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。