トレーニングログ

Stravaサブスクライバーは、トレーニングログにアクセスして、すべてのトレーニングを一覧表示することができます。重要な統計情報はハイライトされ、進捗状況を視覚的に把握することができます。トレーニングログは、アクティビティをアップロードするたびに更新されます。

  • トレーニングログの閲覧
  • フィルター
  • アクティビティのタイプ分け

トレーニングログの閲覧

Stravaウェブサイトでトレーニングログを見るには、ページ上部のドロップダウンメニュー「トレーニング」から、「トレーニングログ」を選択します。Stravaモバイルアプリでは、「あなた」>「進捗」を選択し、表示される画面から、「トレーニングログ」の任意の場所をタップします。

最近のアクティビティの概要が毎週表示されます。Stravaウェブサイトでは、トレーニングログの右側にあるカレンダーから、モバイルアプリでは、右上にあるカレンダーアイコンから、過去の月や年に素早くジャンプすることができます。

円マークはアクティビティを表します。各アクティビティにはそれぞれの色があり、円マークの上にマウスオーバーすると、その日の主なパフォーマンス統計が表示されます。

フィルターを使って一覧表をカスタマイズする

Stravaのウェブサイトでは、ページ上部のドロップダウンメニューからフィルターを設定します。Androidモバイルアプリでは、3つのスイッチアイコンをタップして、フィルターにアクセスします。iPhoneモバイルアプリでは、トレーニングカレンダーの上部にフィルターオプションが表示されます。

  • トレーニングログに表示するスポーツの種類を選択します。
  • タイム、距離、獲得標高、相対的エフォートのいずれを表示するかを選択します。
  • 「通勤」とタグ付けされたアクティビティを、一覧表に含めるかどうか設定します。

アクティビティのタイプ分け

スポーツの種類によって円の色が異なりますが、アクティビティタイプをタグ付けすることで、トレーニングの進捗をより把握しやすくなります。アクティビティタイプは、編集画面で個々のアクティビティに追加することができ、タイプごとにトレーニングログの円の色が変わります。ランニングタイプには、「ロングラン」「ワークアウト」または「レース」があり、ライドタイプには、「ワークアウト」と「レース」があります。

この記事は役に立ちましたか?
288人中101人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。