GPS関連のトラブルシューティング

GPSは、周回軌道衛星からの信号を用いて地球上の位置を推定するシステムです。GPSシステムとは、Androidデバイスに搭載されているチップと、地球上空の衛星のことを指します。

  • GPS関連トラブルの例
  • GPS信号を受信するための初期設定方法
  • トラブルシューティングの手順
  • GPSシステムの誤差

GPS関連トラブルの例

以下のいずれかに該当する場合、アクティビティが実際の 移動と異なる距離を示す場合があります。Stravaが不足しているデータを補足したり、既存データを変更することは残念ながらできませんが、GPSデータ自体を修正するより、そもそも精度の低いGPSデータを記録させない方法が複数あります。 今後同様の問題が発生しないよう、以下に記載するトラブルシューティングの手順をご参照ください。

  • GPSドリフト:GPSトラックが道から外れている場合。ルートは概ね道の形状に沿っていますが、精度はかなり低くなります。
  • GPS信号の喪失 GPS信号が失われ、後から受信が再開された場合。信号喪失の前後の地点は、実際にはもっと時間が経過していたとしても、通常の二つの地点と同様に扱われ、直線で繋がれてしまいます。
  • GPSマルチパス:「不安定な 」GPSトラックは、アクティビティにおいて、実際の移動より長い距離を記録することがあります。これは、反射によりGPSトラックが「ジグザク」になると、それぞれの地点が直線でつながれるためです。

GPS信号を良好に受信するための初期設定方法

迅速な受信と高精度の位置推定を可能するには、以下の情報を提供する必要があります。

  • 見晴らしの良い、広範囲の空が必要です。 スマートフォンと空の間に障害物があると、信号強度に悪影響を及ぼす可能性があります。例えば大きな木は明らかに障害物ですが、ポケットやリュックサックでさえ、非常に弱い信号では問題を引き起こしかねません。
  • そして、衛星からの信号に波長を合わせる時間 も必要です。信号取得時間を改善するには、デバイスを1つの場所に固定して置き、デバイスのデータ通信が有効になっていることを確認します。これにより、スマートフォンのGPSがおおよその位置情報を得ることができます。完全な晴天であっても、状況によっては、GPS信号の受信に成功するまでに数分かかることがあります。

AndroidデバイスのGPS関連トラブルを調査する際の手順

  1.  デバイスを再起動します。
  2. 位置情報サービスを オフ > オンにします。
  3. Stravaに 位置情報へのアクセスを許可していることを確認してください。 「設定」 > 「アプリ」  > 「Strava」 > 「権限」と進み、「位置情報」をオンにします。また、StravaにバックグラウンドでのGPS使用を許可していることも確認してください。
  4. 省電力モード、電池の最適化やサードパーティーアプリなど、全てのバッテリーセーバーの設定を無効にします。Android 6以降のデバイスでの詳細は以下をご覧ください:
    1. HTC: 設定 > 電池 > バッテリー最適化 > 最適化していない> すべてのアプリケーション > Strava > 最適化しない > 完了
    2. Huawei:
      1. 省電力モードを解除し、Stravaを「保護されたアプリ」に設定します。
      2. 設定 > アプリ > 特別なアクセス > バッテリー最適化を無視 > 許可 > すべてのアプリ > Strava > 許可
    3. LG: 設定 > バッテリーセーブ > バッテリー使用 > 最適化を無視 > Stravaの箇所をON
    4. Motorola: 設定 > 電池 > 右上のメニューを選択 > 電池の最適化 > 最適化していないアプリ > すべてのアプリ > Strava >  > 最適化しない
    5. OnePlus (OxygenOS設定使用時):  設定 > バッテリー > バッテリーの最適化 > 上部のメニューを選択 > すべてのアプリのリストに切り替え > Strava > 最適化しない
    6. Samsung: 設定 > アプリ > 右上のメニューを選択 > 特別なアクセス > バッテリーを最適化 > すべてのアプリ > Stravaの箇所をオフ
    7. Sony: 設定 >  バッテリー > 右上のメニューを選択 > 電池の最適化 > アプリ > Strava
    8. Xiaomi (MIUI OS): 
      1. Settings > Additional Settings > Battery & performance > Manage apps battery usage > apps > Strava
      2. Settings > Additional Settings > Privacy > Location > High Accuracy for Location Modeを使用し、位置情報へのアクセスを許可していることを確認してください。
  5. 位置情報が精度の高い設定になっているか確認してください。 設定 > 位置情報 > 詳細設定 > 位置情報の精度を改善をオン
  6. AGPSリセットを行います。「GPS Status & Toolbox」アプリをインストールし、アプリ内で メニュー > A-GPSの管理 > リセットで完了します。
  7. 最終確認の手順
    1. Stravaアプリを使って、10分間の記録を試しましょう。デバイスが動かないように固定して、視界の開けた空の下で信号を検索します。この方法で有効な位置推定ができない場合は、GPSが他のアプリで機能するかどうかを確認します。GoogleマップやWaze、Appleのマップ等のナビゲーションアプリではなく、他のフィットネス・トラッカーアプリをご利用ください。ナビゲーションアプリは、携帯電話の中継塔を使ってユーザーの位置を道路やトレイル上に表示させるため、GPSが完璧に機能しているかのように錯覚させることがあります。Stravaや他の多くのフィットネスアプリはこのような動作はせず、GPSのみを使用して位置情報を確認しています。このため、Stravaがユーザーの位置情報を確定するのに時間がかかっている時に、他のナビゲーションアプリでは簡単に見つかるということも起こりえます。
    2. 詳細なGPS動作情報を表示する無料のアプリを実行してみてください。「GPS Status & Toolbox」は、GPSをリセットして最新のA-GPSデータをダウンロードできる無料アプリです。 こちらのリンクからアプリをダウンロードできます。 最終的に5機以上の衛星から信号が受信され、正常に動作していれば、全体の精度範囲は30メートル未満で表示されます。

GPSシステムの誤差

デバイスが以前と同じ場所にあり、同じ設定であったとしても、その日によって動作が異なる場合があります。通常、デバイスは正確な位置情報を得るために、5機程度の衛星から信号を受信する必要があります。衛星の位置、気象パターン、地球の外部大気圏の変化など、GPSシステムは、ユーザーがコントロールできない多くの事象に影響を受けるため、誤差の原因を特定することは困難です。お手持ちのデバイスのGPSを使用する最適な方法を判断する前に、上記の全ての確認事項を十分に試すことをお勧めします。

この記事は役に立ちましたか?
128人中99人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。