Wear OS でのStravaのご利用について

Stravaは、Wear OS 3.0以上にのみ対応しています。 旧型のSamsung Watchをお使いの方は、Samsungデバイスに関する記事をご参照ください。

Wear OSデバイスでのStravaの設定方法

ウェアラブル端末とスマートフォンをペアリングする際、Stravaアカウントにログインしていれば、Strava Wear OSアプリのアカウントにも自動的にログインされます。Strava Wear OSアプリの設定時に、スマートフォンのStravaアカウントにログインしていない場合は、スマートフォンの指示に従って、認証手続きを行ってください。 

Samsung Galaxy Watchは、Galaxy WearableアプリまたはWear OSアプリのいずれかのみに接続することができ、両方に同時に接続することはできませんのでご注意ください。

Wear OSデバイスでのアクティビティの記録

Strava Wear OSアプリでは、アクティビティの時間、距離、心拍データを記録することができます。Strava Wear OSアプリで記録できるアクティビティは以下の通りです。

  • ライド
  • ランニング
  • 水泳(屋外)
  • ハイキング
  • ウォーキング
  • アルペンスキー
  • バックカントリースキー
  • バドミントン
  • カヌーイング
  • クロスフィット(屋内)
  • e-Bikeライド
  • e-MTBライド
  • エリプティカル(屋内)
  • サッカー
  • ゴルフ
  • グラベルライド
  • HIIT(屋内)
  • ハンドサイクル
  • アイススケート
  • ライド(屋内)
  • ランニング(屋内)
  • カヤッキング
  • カイトサーフィン
  • マウンテンバイクライド
  • ノルディックスキー
  • ピックルボール
  • ピラティス(屋内)
  • ラケットボール(屋内)
  • ロッククライミング
  • ローラースキー
  • ローイング(屋外)
  • セーリング
  • スケートボード
  • スノーボード
  • スノーシュー
  • スカッシュ(屋内)
  • ステアーステッパー(屋内)
  • スタンドアップパドル
  • サーフィン
  • 卓球(屋内)
  • テニス
  • トレイルランニング
  • ベロモービル
  • ウェイトトレーニング(屋内)
  • 車いす
  • ウインドサーフィン
  • ワークアウト(屋内)
  • ヨガ(屋内)

記録が終了すると、アクティビティの概要が表示され、アクティビティの詳細データがスマートフォンで閲覧できるようになります。

Wear OSデバイスでのBeaconの利用

Stravaサブスクライバーは、Strava Wear OS アプリでBeaconを利用することができます。Strava Wear OS アプリで最初のアクティビティを開始する前に、スマートフォンのStravaモバイルアプリから、緊急連絡先を設定してください。Beaconの利用と緊急連絡先の設定方法について、詳しくはこちらをご覧ください。

LTE機能を持たないWear OS 3.0以上のデバイスで、Wear OS Stravaアプリからアクティビティ開始時にBeaconメッセージを送信するには、デバイスがスマートフォンに接続されている必要があります。

Q & A

他のフィットネストラッカーと同時にStravaを使用することはできますか?

Wear OSデバイスで、Stravaと他のワークアウトアプリを同時に動作させることは、お勧めできません。アクティビティを記録する他のワークアウトアプリが、Stravaの記録を妨害する可能性があります。フィットネストラッキングのプラットフォームがサポートするのは、一度に1つのアクティビティのみです。新たに別のアプリが開始された場合、そのアプリが、それ以前に起動していたワークアウトアプリを終了させてしまいます。

Samsung WatchとiPhoneをペアリングして使用することはできますか?

残念ながら、Samsung WatchとPixel Watchは、現時点でiPhoneに対応していません。

この記事は役に立ちましたか?
92人中43人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。