AmazfitとStravaの連携

Amazfitウォッチで記録したアクティビティは、 iOS および Android対応のZeppアプリを使用して、Stravaに同期できます。Amazfitウォッチで新しくアクティビティを記録すると、自動的にStravaアカウントに同期されます。Amazfit PaceとBipは、Stravaモバイルアプリに直接接続して心拍データを記録することはできませんので、ご注意ください。

AmazfitアクティビティデータのStravaへの同期設定方法

  1. Zeppアプリ下部のナビゲーションメニューから、 「プロフィール」 を選択します。
  2. 「その他」内の 「アカウントを追加」 をタップし、次のページで Strava を選択します。
  3. iOS・Androidそれぞれで 「まだ追加されていません」、「バインド解除」 をタップすると、Stravaアカウントへのログイン画面に遷移します。Stravaアカウントをお持ちでない場合は、 「登録」 からお進みください。
  4. 「ZeppがStravaに接続することを許可する」画面で、「ZeppからStravaへアクティビティをアップロードする」オプションを選択し、 「許可する」をタップします。
  5. アプリの接続が完了すると、問題なく同期されたアクティビティは、Stravaアカウントにアップロードされます。
この記事は役に立ちましたか?
498人中337人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。