COROSとStravaの連携

COROSとの自動同期

 iOS または AndroidのCOROSアプリを使ってアクティビティを記録する際、Stravaアカウントと接続することで、アクティビティを自動的にStravaにアップロードすることができます。

  • COROSアプリの プロフィールアイコンから、「設定」 をタップします。
  • 設定画面で、「サードパーティアプリ」を選択します。Stravaに送信される情報の詳細が記載された、認証画面が表示されます。
  • Stravaを選択すると、画面下部に青色の「今すぐ接続」ボタンが表示されます。次の画面でStravaアカウント情報を入力し、認証してください。

Japanese_-_Google_Drive.png setup syncing3.png setup syncing4.png setup syncing5.png

 

アクティビティファイルをStravaにマニュアルアップロードする方法

  • モバイルアプリからCOROSアカウントにアクセスします。
  • COROSアプリの アクティビティ画面で、アップロードしたいアクティビティを探し、タップしてアクティビティ詳細画面を表示します。
  • 右上の設定メニューから、「データのエクスポート」を選択します。
  • データフォーマットを.fitまたは.tcx から選択し、スマートフォンからPCに送信します。
  • 送信したファイルにPCからアクセスします。strava.com/upload/select ページで 「ファイル選択」 をクリックし、COROSからダウンロードしたオリジナルファイルを選択してアップロードしてください。
この記事は役に立ちましたか?
29人中13人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。