ZwiftとStravaの連携

条件

  • Zwift対応インドアトレーナー、スピード/ケイデンスセンサーまたはパワーメーター、ANT+ドングルの3点が必要です。
  • Zwiftのスタートアップページにアクセスして、現在お持ちのギアに加えて必要なものを確認しましょう。

自動同期の設定

  1. Zwiftにログインするか、アカウントを作成します。
  2. 自分のプロフィール画像横の「 マイプロフィール」をクリックします。
  3. 「プロフィールページの編集」> 「接続」 からStravaアカウントに接続します。
  4. 表示される画面の指示に従って、Stravaへの接続を許可します。
  5. このZwiftのページからアカウントを切断するか、Stravaの「Myアプリケーション」でZwiftからのアクセスを取り消すことができます。

Zwiftのアクティビティを手動でアップロードする

アクティビティがStravaアカウントに自動的にアップロードされていない場合は、手動でのアップロードも可能です。

  • PCの場合
    • zwift.com/feedにアクセスし、「自分のみ」をクリックします。
    • 自動アップロードできなかったアクティビティを探し、アクティビティページを表示してください。
    • 歯車のアイコン(設定)をクリックし、「FITファイル」の下から、該当のアクティビティファイルをダウンロードします。
    • Stravaのウェブサイトでアップロード画面を開き、「ファイル選択」をクリックして、FITファイルを選択します。
  • モバイルデバイスの場合(iOS10とiCloud、Dropbox、Google Driveなどのクラウドストレージサービスが必要)
    • ブラウザからmy.Zwift.comにアクセスし、Zwiftアカウントにログインします。
    • アップロードしたいアクティビティの下にあるダウンロードリンクをタップします。
    • 画面の指示に従って、希望するクラウドサービスにファイルを保存します(iCloud、Dropbox、Google Driveなどのクラウドサービスのストレージが必要)
    • 新しいブラウザ画面で、https://www.strava.com/upload/selectを開きます。「ファイル選択」をタップし、ファイルを保存したクラウドサービスから、FITファイルを選択します。
この記事は役に立ちましたか?
113人中63人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。