SuuntoアプリとStravaの接続

以下の対応デバイスを使用している場合、SuuntoアプリからStravaにアクティビティを自動的にアップロードすることができます。

  • Suunto Ambit3
  • Suunto 3 Fitness companion
  • Suunto 5
  • Suunto 7
  • Suunto 9
  • Suunto Spartan
  • Suunto Traverse

アカウントの接続

  1. Suuntoアプリで設定画面を表示します。
    1. Androidの場合、「設定」>「アカウント」>「他のサービスに接続」を選択します。
    2. iOSの場合、「プロフィール」>「接続済みのサービス」を選択します。
  2. Stravaに接続します。Stravaアカウントへのログイン画面か、アカウントをお持ちでない場合はアカウント作成を促すメッセージが表示されます。
  3. SuuntoアプリがStravaに接続することを許可してください。
  4. 次回のワークアウトがSuuntoに同期された後、アクティビティは自動的にStravaに転送されます。

過去のアクティビティの手動エクスポート

Suuntoアプリから同期を設定しても、過去のアクティビティは自動的に同期されません。過去のアクティビティを同期するには、ファイルを手動でエクスポートする必要があります。

  1. スマートフォンのSuuntoアプリで、エクスポートするアクティビティを選択します。
  2. 右上の・・・を選択し、「FITファイルとしてエクスポート」または「GPXワークアウトをエクスポート」を選択します。GPXエクスポートでエクスポートできる情報は、GPSデータと時間データのみです。
  3. エクスポートの種類を選択すると、ダウンロードしたファイルを共有するためのオプションが表示されます。Stravaウェブサイトからアクティビティファイルを手動でアップロードする方法でしかエクスポートできないため、パソコンからアクセスできる方法で、FITファイルをプライベートに共有することをお勧めします。
  4. Stravaウェブサイト右上の「+」アイコンを選択し、ドロップダウンリストから「アクティビティをアップロード」を選択し、Stravaにファイルをアップロードします。

アプリ間の接続の解除

  1. Suuntoアプリの設定画面を表示します。
    1. Androidの場合、「設定」>「アカウント」>「他のサービスに接続」を選択します。
    2. iOSの場合、「プロフィール」>「接続済みのサービス」を選択します。
  2. Stravaを選択します。
  3. 「切断」をタップしてください。
この記事は役に立ちましたか?
120人中31人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。