プライバシーコントロール

2018 年 9 月 26 日より、Strava のプライバシー設定がシンプルになり、コントロールがより明確になりました。以下で、Strava のプライバシーコントロールの概要をご確認ください。各コントロールに関する詳細は、「さらに詳しく」をクリックしてご覧ください。

プロフィールページ

Strava コミュニティ全体にプロフィールのすべてを公開するには、プロフィールのプライバシーコントロールを「全員」に設定します。プロフィールの一部詳細をフォロワー以外には表示しない場合は、プロフィールのプライバシーコントロールを「フォロワー」に設定します。さらに詳しく

アクティビティ

アクティビティのプライバシーコントロールにより、アクティビティの詳細ページにアクセスできるユーザーを全員、フォロワー、または自分のみに制限することができます。初期設定でお好みのプライバシー設定をすると、アップロードしたすべてのアクティビティにこの設定が自動的に適用されます。または、個々のアクティビティに対して公開範囲を変更することも可能です。さらに詳しく

グループアクティビティ

グループアクティビティに参加したことを他のアスリートに表示しても構わない場合は、グループアクティビティのプライバシーコントロールを「全員に設定します。グループアクティビティへの参加を自分のフォロワーおよび自分がフォローしているアスリートのみに表示するには、このプライバシーコントロールを「フォロワー」に設定します。この設定は、各アクティビティについてオン/オフを切り替えることができません。さらに詳しく

トレーニングログ

トレーニングログは、デフォルトで非公開になっています。友達やコーチ、あるいはほかのアスリートと共有したい場合は公開することができます。さらに詳しく

Flyby

アクティビティを Flyby に含めたくない場合は、この機能から完全にオプトアウトすることができます。さらに詳しく

Metro およびヒートマップ

公開アクティビティのデータを Metro およびヒートマップに使用することの可否を選択することができます。さらに詳しく

プライバシーゾーン

プライバシーゾーンを作成すると、このゾーン内で開始または終了するアクティビティの一部がほかの Strava アスリートに表示されなくなります。さらに詳しく

アスリートのブロック

プロフィールの詳細やアクティビティを他のアスリートに非表示にするには、ブロックツールを利用できます。 さらに詳しく

この記事は役に立ちましたか?
1187人中938人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。