Flyby のプライバシーコントロール

Flyby とは?

Flyby は、自分や近くにいるアスリートのアクティビティをマップやタイムライン上で再生できる Strava Labs のツールです。Flyby にアクセスするには、ウェブのアクティビティ詳細ページのボタンをタップします。また、アクティビティ ID を Flyby ツールに手動で入力することもできます。

Flyby のプライバシーコントロールの管理

  • ウェブの場合は、右上のプロフィール写真にカーソルを合わせ、「設定」を選択して「設定」ページを開きます。
    • ページの左側の「プライバシーコントロール」タブをクリックします。
    • 「Flybys」で「全員」または「非公開」を選択します。
  • Android の場合は、ナビゲーションメニューから「設定」を選択して、次のページで「プライバシーコントロール」を選択します。
    • 「Flybys」を選択し、「全員」または「非公開」を選びます。
  • iOS の場合は、画面の右下から「もっと」を選択して、次の画面で「プライバシーコントロール」を選択します。
    • 「Flybys」を選択し、「全員」または「非公開」を選びます。

しくみ

アクティビティを Flyby に含めたくない場合は、この機能から完全にオプトアウトすることができます。

  • 「全員」を選択した場合:
    • すべての Strava アスリート:
      • あなたが Flyby で横切ったかどうかまたは近くにいたかどうかを見ることができます。
      • あなたの Flyby アバターをクリックして Strava アクティビティを開くことができる場合があります。アクティビティ設定が「フォロワー」に設定されている場合は、フォロワーでないアスリートは Flyby をクリックしようとした場合にあなたのアクティビティ詳細ページにアクセスできません。
    • ウェブの全員:
      • アクティビティのリンクを持っている場合、あなたの Flyby を再生できます。
  • 「非公開」を選択した場合:
    • 全員:
      • Flyby であなたを見ることはできません(あなた自身も見られません)。設定を有効にしている他のアスリートの Flyby を表示することはできます。
この記事は役に立ちましたか?
10人中8人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。