ヘルスケアAppとStrava

AppleワークアウトAppで記録したアクティビティをStravaにアップロードしたり、StravaのアクティビティをヘルスケアAppに自動的に同期することができます。

StravaとApple ヘルスケアAppの接続

  • Stravaモバイルアプリのホームグループ、またはあなたタブ右上にある歯車アイコンをタップし、設定を開きます。「アプリケーション、サービス、デバイス」から「ヘルスケア」を選択し、プラスアイコンをタップします。
  • 次のページで接続をタップします。
  • Stravaからヘルスケアへのデータ共有を有効にするため、ヘルスケアの共有画面が表示されます。Stravaがヘルスケアに書き込み/読み出しできるデータの種類を設定することができます。サイクリング、ランニング、カロリーなどのデータを共有するには、ワークアウトの共有を有効にしてください。
    • 初期設定後も、Stravaからヘルスケアへのアクセス設定は、ヘルスケアの「共有」タブにある「App」からStravaを選択して変更できます。 

English1.jpg English2.jpg

Stravaからヘルスケアへの同期

  • Stravaモバイルアプリから、設定(歯車アイコン)> 「アプリケーション、サービス、デバイス」> 「ヘルスケア」を選択し、「ヘルスケアへ送信」をONにします。
  • Stravaは、ルート情報、スポーツタイプ、距離、タイム、カロリーなどのデータを自動的にヘルスケアに送信します。サードパーティーアプリ(Garmin、Zwiftなど)のアクティビティによるルート情報はヘルスケアに 同期されません ので、ご注意ください。

ヘルスケアからStravaへの同期

過去30日以内にApple WatchのワークアウトAppで記録されたアクティビティのみ、Stravaに同期することができます。サードパーティーアプリからヘルスケアにアップロードされたアクティビティは、Stravaに同期されません。

  • ヘルスケアAppで記録したアクティビティを自動的にStravaに同期するには、Stravaモバイルアプリから、設定(歯車アイコン)> 「アプリケーション、サービス、デバイス」> 「ヘルスケア」を選択し「自動アップロード」をONにします。
  • アクティビティを手動でインポートする場合は、Stravaアカウントに同期したいアクティビティの横にあるインポートオプションを選択してください。

Screenshot_11_17_22__2_52_PM.png

通知

  • アクティビティの自動同期を選択した場合、アクティビティの同期に成功すると、プッシュ通知が届きます。また、アクティビティが正常に同期されたことを示すアプリ内通知(ベルアイコン)が表示されます。
  • 自動同期に失敗した場合は、手動でアプリにアクティビティをインポートするようプッシュ通知が届きますので、案内に従ってください。
  • 個々のアクティビティを手動でインポートする際、アップロード可能なワークアウトがあるときに通知を受けたい場合は、「設定(歯車のアイコン)」 > 「アプリケーション、サービス、デバイス」 > 「ヘルスケア」 を選択し、「新着ワークアウトの通知」オンに切り替えます。
  • アップロード可能なヘルスケアのワークアウトがあれば、Stravaを開くと、アプリ内通知(ベルのアイコン)が表示されます。

Stravaアクティビティがヘルスケアに同期されない場合:

ヘルスケアAppを強制終了し、Stravaアプリの「あなた」フィードをスクロールすることで、アクティビティの同期を試みることができます。

この記事は役に立ちましたか?
204人中41人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。