Siriとの連携

条件

iOS 12以降およびStrava 81.0.0以降のバージョンを使用している場合、Siriを使ってアクティビティを開始、一時停止、再開することができます。ヘッドフォンの使用の有無に関わらず、Siriで操作できます。

StravaアプリでSiriを使う方法

「Strava」と以下の3つのフレーズのいずれかを声に出すと、それぞれの動作を行います。 Siriを使って記録を停止・終了することはできません。

  • Start Activity: Strava上でアクティビティの記録を開始します。アクティビティの種類は、前回記録したアクティビティと同じ種類になります。
  • Pause: 進行中のアクティビティの記録を一時停止します。
  • Resume: 一時停止していた進行中のアクティビティの記録を再開します。

Siriショートカットを有効にする

Siriショートカットを有効にすると、自分に合わせたフレーズを登録できます。Stravaアプリ上で、 「ホーム」 「グループ」 「あなた」タブの右上にある歯車アイコンから設定を開きます。「Siri & ショートカット」 > 「設定に移動」 > 「Siri と 検索」からご登録ください。

English1.1.PNG English2.PNG

この記事は役に立ちましたか?
14人中9人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。