ウェブサイト上のルート機能

ルートを作成する

Stravaサブスクライバーは、 My ルート ページ左上の 「新しいルートを作成」 ボタンをクリックして、新しいルートをゼロから作成することができます。左側のメニューから、 路面タイプ(舗装路、未舗装路)など、お好みの設定を行います。

  • ランニング、ライド、ウォーキングのいずれかを選択することで、それぞれのスポーツに最適なルートを作成します。
  • 一番人気のルートが良いか最短ルートが良いか、標高を最大化するか最小化するか、舗装路か未舗装路か、お好みで選択してください。
  • グローバルヒートマップを使用したり、ルートに沿ったセグメントを表示したりすることで、Stravaコミュニティで人気のある新しいルートを発見することができます。

ルート作成時に、マップをクリックして通過地点を選択したり、ページ上部の検索バーから、ルートに組み込みたい場所やランドマーク、住所を検索したりすることができます。検索すると、マップは選択した場所の通過地点に移動し、「ルートを追加」ボタンをクリックことで、ルートに組み入れることができます。

Japanese1.jpg

Stravaのアスリートは全員、自分のアクティビティや他のアスリートのアクティビティから、ルートを作成することができます。Stravaサブスクライバーは、アクティビティから作成したルートを、さらに編集することができます。この機能は、他のアスリートのアクティビティを使用する場合、プライバシー設定によりご利用いただけない場合がありますので、ご注意ください。アクティビティからルートを作成する方法は、以下のように複数あります。

  • Stravaウェブサイトから、ルートの作成に使用したいアクティビティを選択してアクティビティ詳細画面を表示します。
    • 左側のアクションボタン(・・・アイコン)をクリックし、 「ルートを作成」を選択します。
    • 下部のマップの、右上にある 「ルートを作成」 を選択します。
  • Stravaウェブサイトのアクティビティフィード上で、アクティビティマップにカーソルを合わせ、 「このルートに挑戦」のオプションを表示します。

Stravaルートビルダーが表示され、アクティビティデータに基づいてルートが作成されます。

Japanese2.jpg

Japanese3.jpg

ルートを保存する前に、ルートをプライベートとして表示設定するオプションがあります。プライベートに設定したルートは、自分だけが見ることができます。プライベートルートは、ルートを編集して 「保存」をクリックし、ルートの表示設定を 「公開」 に切り替えてから 「My ルートに保存」をクリックすることで、いつでも公開することができます。

ルートに沿ってアクティビティを行う方法の詳細は、 こちらをご覧ください。

ルートを管理する

作成したりお気に入りにしたルートにアクセスするには、ダッシュボードタブにカーソルを合わせ、ドロップダウンメニューから My ルート を選択してください。

  • 他のアスリートが作成したルートをお気に入りに登録すると、自身のルートページに保存できます。
  • ルートを編集・削除する際には、ルートマップ右上の☆アイコン下にあるスパナアイコンをクリックし、削除または編集を選択してください。

Japanese4.jpg

Stravaルートの推定移動時間

ルートの推定移動時間は、過去4週間の平均スピードまたはペースにより計算されます。プロフィールページ上で、過去4週間のアクティビティにおける平均距離/週と平均タイム/週を確認できます。その平均値を使用し、ルートに対する移動時間を推定します。 ルートを公開すると、推定移動時間は閲覧者のプロフィールにある統計データによって再計算されます。

ルートを改善する

ルートの基礎となるマップデータは、StravaのマッププロバイダーであるOpenStreetMapから提供されています。ルートに使用されているマップの問題点にお気づきの場合は、直接OSMにご報告ください。 https://www.openstreetmap.org/

Q & A

ルートを作成しようとすると、マップが空白に見えるのはなぜですか?

一部ブラウザの古いバージョンをご使用の場合、通常であればマップが読み込まれる箇所に、空白のページが表示されることがあります。ブラウザを最新バージョンに更新するか、別のブラウザを使用することを推奨しています。

 

この記事は役に立ちましたか?
134人中69人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。