Stravaアスリートの認証バッジについて

Strava認証バッジ

認証バッジは、定期的に投稿やアップロードを行うことで、他のユーザーのモチベーションや運動習慣をサポートするアスリートに与えられます。 このバッジは、世界中の著名人、注目すべきコミュニティビルダー、または、大小にかかわらず影響力のある人物を識別するために作られました。 認証により、信頼性、注目度、影響力が示されます。 アスリートの認証バッジは、Stravaによる推薦を意味するものではありません。

Strava認証バッジの必要要件

Stravaは、スポーツ、政府、ビジネス、ファッション、メディア、音楽、芸術などの関心領域において、大衆にアピールできる著名な人物を認証しています。これらの人物は、必ずではありませんが、多くの場合Twitter、Instagram、Facebook、Snapchat、LinkedInなどの他のソーシャルネットワークでも認証されています。

自分のStravaプロフィールへ認証バッジをリクエストできますか?

以下の必要要件を満たしている場合、www.strava.com/verifiedbadgeから、Strava認証バッジの申請ができます。

    • プロフィールが公開されていること:プロフィールに本名が用いられていて、自己紹介の記載および写真の掲載があることが必要です。
    • 現在Stravaのアクティブ・ユーザーであること:アクティビティの大部分(少なくとも月3回以上)をアップロードしている必要があります。
    • 自身のコミュニティ内で影響力があること:お住まいの地域または世界各地で、あるいは自分のスポーツにおいて、影響を与えようと努力している必要があります。
    • 著名人であること:広く知られていて、多く検索されるStravaプロフィールである必要があります。(例:著名人、注目のコミュニティビルダー、有名なアスリートやプロフェッショナルの実績がある方など)
    • Stravaアカウントを複数所持しないこと:アカウントを1つに統一することで、ユーザーが簡単に『ご本人』を検索することができます。
    • Stravaコミュニティスタンダードを遵守すること: Stravaコミュニティにおいて、あらゆる形態の差別撤廃に対して積極的に取り組むことに同意するものとします。
この記事は役に立ちましたか?
22人中16人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。