Stravaへのアクティビティのアップロード

Stravaは、数多くのデバイスやアプリケーション、GPSウォッチ、ヘッドユニットと連携しています。併せて使用することで、お手持ちのiPhoneやAndroidが、高機能ランニングモニタやサイクルコンピュータとして活躍します。アクティビティの前にStravaを起動して、運動中もパフォーマンスデータをチェックし、終了後にはデータを詳細に分析しましょう。アクティビティをStravaにアップロードするには、次のいずれかの方法を使用します。

iPhoneおよびAndroidのStravaアプリで、GPS付きのアクティビティを記録する

アスリートは、iPhoneおよびAndroidでStravaアプリをダウンロードし、アクティビティの記録・同期を行えます。Stravaアプリで記録したアクティビティのアップロードに問題がある場合は、こちらを参照してください。

Stravaがサポートしているスマートウォッチやウェアラブル端末から同期する

iPhone:

Android:

Apple Watch

Wear OS by Google スマートウォッチ (旧称 Android Wear)

Moto 360

Samsung Gear

Stravaとの互換性について教えてください。

お使いのデバイスがGPX、TCX、FIT形式でアクティビティをエクスポートまたは記録でき、これらのファイルに実際のワークアウトデータが含まれている場合、お使いのデバイスはStravaと互換性があります。StravaはAPIを一般公開 しており、何百ものサードパーティがStravaのデータとの統合に使用しています。該当のデバイス一覧は こちら に掲載されていて、記載のないデバイスよりも簡単にStravaへのアップロードが行えます。 また、GPX、TCX、FIT形式でアクティビティをエクスポートまたは記録できるデバイスで、これらのファイルに実際のワークアウトデータが含まれている場合は、 こちらからファイルを直接アップロードすることができます。

デバイスのソフトウェアを通じて同期する

主要なサービスでは、各メーカーの同期ソフトを通じてStravaにデータをアップロードすることができます。お使いのデバイスに関する情報や、同期のトラブルシューティングの方法については、以下のリストを参照してください。

マニュアルエクスポートとアップロード

他のフィットネスサイトからStravaへデータをアップロード/同期する

ご利用のフィットネスサイトが以下に掲載されていない場合、Stravaとのデータ統合を行っているかどうか、こちらからご確認ください

PCからファイルをアップロードする

PCに保存しているアクティビティのデータがデバイスに残っていない場合、またGarmin Connectや他のサイトに保存しているアクティビティをエクスポートしてStravaにアップロードしたい場合には、ファイルアップローダを使用することをお勧めします。ファイルアップローダを使って、http://www.strava.com/upload/selectから直接Stravaにファイルをアップロードすることができます。25MB以内のワークアウトデータで、以下の形式のファイルをアップロードできます:

  • GPX
  • TCX
  • FIT

アクティビティをマニュアルで追加する

GPSデバイス等で記録しなかったアクティビティをStravaにアップロードしたい場合、マニュアルでアップロードすることができます。マニュアルアクティビティのアップロードの詳細は、こちらをご覧ください。

この記事は役に立ちましたか?
236人中78人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。