データのエクスポートと一括エクスポート

Stravaからデータをエクスポートする際、複数のオプションがあります。通常は、アクティビティファイルをオリジナルバージョンでエクスポートすることをお勧めします。

元のファイル形式でデータをエクスポートする

Stravaでは、どのアクティビティページからも、オリジナルバージョンのアクティビティファイルをエクスポートすることができます。多くの場合、オリジナルバージョンはFIT(Flexible and Interoperable Data Transfer)形式となります。このフォーマットは、特に、健康データやフィットネス、ワークアウトの記録用に設計されています。FIT形式では、センサーデータ、コースポイント、ワークアウトの指示、デバイス設定などの情報を保存することができます。

  • アクティビティ詳細ページのアクションボタン(・・・アイコン)から、「オリジナルをエクスポート」を選択してください。
    English2.jpg
  • アップロード時のファイル形式で、アクティビティのファイルがPCにダウンロードされます。

TCXエクスポート

Stravaでは、自分のアクティビティデータをTCX(Training Center XML)形式でエクスポートすることもできます。TCXファイルには、心拍数、ケイデンス、ワット数など、GPXファイルより多くの情報が含まれています。StravaからエクスポートされたTCXファイルには、パワーデータも含まれます。TCXエクスポートは、GPSデータのあるアクティビティにのみ有効であり、GPSのない屋内アクティビティは除外される場合があります。

  • あまり知られていませんが、簡単な方法もあります。  アクティビティページのURLの最後に、/export_tcxと追加しましょう。例えばアクティビティページのURLが www.strava.com/activities/2865391236 であれば、 www.strava.com/activities/2865391236/export_tcx と最後に追加してEnterボタンを押すだけで、ブラウザ指定箇所にTCXファイルがダウンロードされます。

GPXエクスポート

データをバックアップしたり、ファイルを共有したい場合、Stravaではアクティビティページから「GPXをエクスポート」することができます。GPX (Global Positioning XML) ファイルは、GPSの中継ポイントを記録しており、GPSデータを含まないアクティビティでは、読み取り不可あるいは空白ファイルを生成します。StravaからエクスポートされたGPXファイルは、パワーメーターで記録したパワーデータを含みますが、推定パワーは含みません。

  • アクティビティ詳細ページのアクションボタン(・・・アイコン)から、「GPXをエクスポート」を選択してください。
    English1.jpg
  • “.gpx”の拡張子が付いたファイルがPCにダウンロードされます。このファイルは、GPSデータ、タイムスタンプ、そして心拍数、ケイデンス、気温などの補足データを含みます。
  • このファイルはGarmin Edge 800等のルート追跡機能が付いたGarminデバイスにダウンロードしたり、他ユーザーとのシェア、自身での記録用に使用できます。その他多くのGPSプログラムがGPX形式に対応しています。

コミュニティハブ情報のエクスポート

コミュニティハブのメンバーは、アクティブなアカウントでログインしている場合、以下の手順でコミュニティハブ情報をエクスポートすることができます。

  1. アバターアイコンのドロップダウンメニューから「My settings」を選択します。
  2. 「My settings」のページで「Personal」タブ内の「Personal Information」を選択します。
  3. 「Downloads」欄までスクロールダウンすると、以下の2つのオプションが表示されます。
    1. My community content: コミュニティハブが投稿されたすべてのコンテンツをダウンロードできます。
    2. My personal information: あなたのコミュニティハブ・アカウントに関連するすべての個人識別情報(PII)データをダウンロードします。
  4. 上記のオプションをクリックすると、JSONファイルがローカルにダウンロードされます。

一括エクスポート

 2018年5月25日時点で、Stravaではアカウントのアーカイブをエクスポートすることができます。

  1. データを一括エクスポートしたいアカウントにStrava.comからログインします。
  2. 右上のプロフィールメニューから「設定」を選択し、左のメニューから「My アカウント」をクリックします。
  3. 「 アカウントをダウンロードまたは削除」の下の「始める」ボタンをクリックします。
  4. 次のページで「アーカイブをリクエスト」を選択します。
  5. データをダウンロードするためのリンクが記載されたメールが届きます(これには数時間かかる場合があります)。このため、Stravaプロフィールに登録されたメールアドレスへのアクセスが必要になります。
    1. 登録したメールアドレスを変更したい場合は、こちらをご覧ください。
    2. Facebookからサインアップした場合、メールアドレスはFacebookアカウントに登録されているものと同じです。

データのアーカイブは以下の内容を含みます:

  • 元のファイル形式でのすべてのアクティビティデータの圧縮(zip)フォルダ
  • Stravaにアップロードしたすべての写真を含むフォルダ
  • GPX形式で作成したすべてのルートデータを含むフォルダ
  • コミュニティハブ・メンバーの場合:「My community content」「My personal information」というタイトルの2つのJSONファイル
  • 以下を含むCSVファイル:
    • 今までにアップしたすべての投稿とコメント
    • Stravaに同期された連絡先
    • 作成したクラブやイベント
    • ギアや目標を含むプロフィール情報
    • 現在の設定情報
    • 受け取ったKudos、お気に入りにしたルートやセグメント
    • すべての相対的エフォートデータ
    • ダウンロード時点でフォロー中のアスリートおよびフォローされているアスリート
    • すべてのセッション・ログとデバイス情報
    • 過去12ヶ月にサービス・プロバイダーに提供した情報の種類
  • ファイル名がMessagingの JSONファイルには、あなたが送信したすべてのメッセージとメッセージへのリアクション、およびチャット固有のユーザー設定が含まれます。
この記事は役に立ちましたか?
242人中195人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。