Strava上での連絡先の同期

Stravaがユーザーから得た連絡先情報を使用する方法

ユーザーは、スマートフォンのアドレス帳やFacebookの友達の情報をStravaに提供するかどうか、選択することができます。連絡先情報の使用方法は以下をご覧ください。

  • Strava Beacon
    • Strava BeaconはSummitメンバーが利用できる機能で、Stravaアプリを通じて、ユーザーの位置情報を事前に設定した連絡先に送信できます。スマートフォンのアドレス帳をBeaconと同期して使用する場合、この情報は安全通知の受信者を選択しやすくする目的にのみ使用されます。Stravaが、あなたの電話番号からセーフティコンタクトの電話番号にSMSメッセージを送信します。メッセージには、ウェブサイト上でユーザーの位置情報を確認できるリンクが記載されています。Beaconはこのメッセージ送信の目的でのみ、アドレス帳にアクセスします。BeaconはFacebookの連絡先やアドレス帳を、以下に記載する「おすすめのフォロー」情報を含む、他の目的には使用しません。
  • コミュニティとのコネクション。Stravaでは、ソーシャルなコネクションを通じたコミュニティ体験をおすすめしています。ユーザーの許可があれば、アドレス帳とFacebookの連絡先を、以下に記載する方法で使用します。
    • アドレス帳
      • Stravaにスマートフォンのアドレス帳へのアクセスを許可すると、アドレス帳の全リストを保存し、2つの方法で表示します。まず、Stravaモバイルアプリ右上の友達アイコンをタップし、「連絡先」を選択すると、あなたのアドレス帳に含まれるStravaユーザーのリストが表示され、簡単にフォローできます。その際、ユーザーがStravaにアクセスを許可したアドレス帳と、Stravaアカウントのメールアドレスが一致するアスリートを表示します。電話番号は使用しません。
      • 次に、同じくStravaモバイルアプリ右上の友達アイコンをタップし、「連絡先」を選択すると、Stravaメンバー以外の連絡先リストも表示されます。リストから、自分で選んだ方法でStravaに招待するか、代わりにStravaからメールを送るかを選択できます。Stravaメンバーではない連絡先宛にStravaからメールを送信するよう選択した場合、Stravaからのメール配信解除のオプションを記載します。
    • Facebookの友達
      • 最初のStravaへのサインアップ時にFacebookアカウントを使用するか、後からFacebookとStravaのアカウント連携した場合、Facebook上で友達になっているStravaユーザーを表示します。
    • おすすめのフォロー
      • 「おすすめのフォロー」は、あなたが提供したアドレス帳とFacebookの連絡先に基づいて、あなたと知り合いの可能性があるアスリートを表示しています。あるいは、共通の友達を元に、フォロワーを提案することもあります。たとえば、アスリートAとアスリートBが共にアスリートCをフォローしていて、それでも互いにフォローしていない場合は、アスリートAに対してアスリートBをフォローするようおすすめし、アスリートBに対してはアスリートAをフォローするようおすすめします。または、アスリートAがアドレス帳をStravaと同期させていて、そこにアスリートBに関連付けられたメールアドレスが含まれている場合、アスリートAとアスリートBの両者に、互いにフォローするようおすすめすることがあります。
      • トップページのフィード、友達アイコン内の「おすすめ」タブ、そしてメールにて、「おすすめのフォロー」をお知らせしています。

連絡先のその他の用途

  • アドレス帳を同期していない場合でも、おすすめのフォローが表示される場合があります。あなたのStravaアカウントに関連付けられたメールアドレスが、Stravaにアドレス帳へのアクセスを許可した別のStravaアスリートのアドレス帳内に存在する場合は、そのアスリートを 「おすすめのフォロー」として表示します。
  • あなたと、Facebook上でつながっている別のStravaアスリートが共にFacebookアカウントをStravaと連携させている場合、Stravaでお互いをフォローすることをおすすめします。
  • あなたのStravaアカウントに登録しているメールアドレスが、Stravaにアドレス帳を同期している別のユーザーのアドレス帳に登録されている場合、そのユーザーにあなたがStravaを使用していることを通知し、フォローするようおすすめすることがあります。

Stravaが連絡先にアクセスする方法と、連絡先にアクセスできないようにする方法

  • アドレス帳
    • 「友達を見つける」 ページからStravaにアドレス帳へのアクセスを許可し、ソーシャルなコネクションを持つことができます。アカウント作成時、またはアカウントの作成後いつでも、このページからアドレス帳を同期させることができます。アドレス帳へのアクセスを許可した後は、Stravaが連絡先を定期的に同期して、最新情報を元に「おすすめのフォロー」を表示します。
    • Stravaモバイルアプリの設定ページから連絡先 >「連絡先へのアクセス」のチェックを外すことで、それ以降のアドレス帳の同期やStravaへの保存を中止できます。
  • Facebookの連絡先
    • Facebookの連絡先にStravaがアクセスできるようにするには、「友達を見つける」ページから連携の設定をするか、Facebookアカウントを使ってStravaアカウントを作成します。いずれの場合も、Stravaがあなたの友達リストにアクセスし、StravaアカウントとFacebookアカウントを連携させているFacebookの友達とあなたをつなげることを許可することになります。
    • Facebookアカウントの連携と連絡先へのアクセスを中止したい場合は、 https://www.strava.com/settings/profile から、ページ右側にある「切断」をクリックします。
  • Gmailの連絡先
    • Strava経由でgmail.comアカウントから連絡先に招待メールを送信する場合、Stravaはその情報を招待メールの代理送信のみに使用し、他の目的には使用しません。

Q&A

「おすすめのフォロー」を全て非表示にできますか?

現時点では、フィードから「おすすめのフォロー」を削除する方法はありませんが、いただいたコメントは今後検討していきます。 こちらのアンケートから、フィードバックをお寄せください。

アクティビティをシェアするためにFacebookに接続したい場合、Facebookの友達情報は保存されますか?

FacebookアカウントでStravaにサインアップした場合、またはStravaの「友達を見つける」ページからFacebookの友達を探すことを選択した場合のみ、StravaはFacebookの連絡先にアクセスします。アクティビティをシェアする際にFacebookに接続した場合は、Facebookの友達情報はStravaに保存やアクサスされません。

Stravaから全ての連絡先を削除できますか?

  • Stravaモバイルアプリの設定ページから連絡先 > 「連絡先へのアクセス」のチェックを外すことで、Stravaのアドレス帳へのアクセス権限を削除できます。
  • Facebookアカウントの接続と連絡先へのアクセスを中止したい場合は、 https://www.strava.com/settings/profile から、ページ右側にある「切断」をクリックします。

特定のアスリートを「おすすめのフォロー」から削除できますか?

該当の「おすすめのフォロー」にカーソルを合わせ、右側の「× 」をクリックすると、フィードの「おすすめのフォロー」から削除されます。ただし、非表示になるのは28日間だけですので、ご注意ください。

「おすすめのフォロー」が表示されていますが、連絡先をBeaconにしか同期していません。

Beaconは、安全通知をセーフティコンタクトに送信する以外の目的で、Facebookの連絡先やアドレス帳を使用することはありません。上記の「連絡先のその他の用途」というタイトルの箇所をご覧いただき、他のアスリートから提供された情報を使用してStravaが友達をおすすめする方法をご確認ください。

この記事は役に立ちましたか?
3人中2人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。