Stravaの標高ベースマップ

一般に認知されている気圧高度計を搭載していないデバイスの場合、Stravaは絶対測定を使用した既知のベースマップとGPSデータを比較することで、アクティビティの獲得標高を計算します。

Stravaベースマップは、コミュニティからのデータを使用して作成されています。 過去にStravaにアップロードされた 任意のアクティビティから気圧高度計の測定値を収集することによって、 グローバルな 標高データベースを 構築することが可能になりました。 このベースマップは、従来の標高測定法よりも正確であるだけでなく、気圧高度計の有無にかかわらず、デバイス間でより一貫した計算を行うことができます。

アクティビティの全てまたは一部において、使用できる標高ベースマップデータがない場合は、従来の方法で公開データベースを使用します。標高測定法の詳細については、 こちらをご覧ください。

気圧高度計でアクティビティを記録した後に標高を修正する場合は、ベースマップを使用します。

この記事は役に立ちましたか?
58人中49人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。