Stravaのサブスクリプション機能

セグメントリーダーボード

以下の機能を利用することで、Stravaセグメントを最大限に活用できます:

    • セグメント全体のリーダーボード。
    • セグメント結果セグメントエフォートの比較やフィルタリング、分析。
    • リーダーボードのフィルタリング:特定の期間、フォロワーや加入しているクラブ、年齢や体重別に、リーダーボードのセグメントをフィルタリングすることができます。
    • セグメントエフォート:お気に入りのセグメントでパフォーマンスを比較できます。異なる2人のアスリートのエフォートや、同じアスリートの2つのエフォートの比較が可能です(例:あなたの最新のエフォートと自己ベスト )。
    • ライブセグメント:セグメントパフォーマンスをリアルタイムで確認できるほか、自己ベストや現在のKOM/QOM/CRとの比較も可能です。ライブセグメントは、 Stravaモバイルアプリと一部の対応デバイスでご利用いただけます。

高度トレーニング機能

    • 目標のカスタイマイズStravaウェブサイトから、週/月/年単位の目標、また、セグメント目標やパワー目標を設定できます。Stravaモバイルアプリから、すべてのスポーツタイプの目標設定が可能です。
    • 相対的エフォート心拍数や主観的運動強度のデータがあるアクティビティで、どれだけ有酸素運動を行ったかを測定します。
    • Fitness & Freshness:フィットネスや疲労レベルを長期間にわたって記録します。
    • トレーニングログ: すべてのトレーニングを一箇所で確認できます。トレーニングの進捗状況を図で表し、重要な統計情報をハイライト表示します。
    • アクティビティマッチング 最も多く探索したルートで、過去のパフォーマンスと比較できます。
    • 累積統計: すべてのスポーツタイプの月間統計を表示し、前月と比較することができます。
    • Grade Adjusted Pace (GAP): ランニング中の地形の険しさを考慮し、平地に換算した場合のペースを推定する指標で、上り坂、下り坂、平地でのエフォートを比較することができます。
    • カスタム心拍数ゾーンプロフィールに最大心拍数またはカスタム心拍数ゾーンを設定すると、心拍データが記録されたアクティビティで、各ゾーンに費やした時間が表示されます。
    • ワークアウト分析:ワークアウトのペースゾーンとラップデータを図で表します。
    • パワー分析ライドにパワーメーターを使用している場合は、高度なパワートレーニング分析が可能です。
    • ペース分析すべてのランニングアクティビティのペースゾーンを図で表します。
    • トレーニングプランランニングサイクリングで、フィットネスの目標達成をサポートします。
    • ベストタイムベストタイム機能では、自己ベストやパフォーマンスの傾向をチェックすることができます(モバイルアプリでのみ利用可能)。

ルートの検索

グループチャレンジ

アクティビティの記録

    • 対応デバイスにStrava Beaconを搭載アスリートの安全なアクティビティと、友人や家族の安心のために、リアルタイムで位置情報を追跡します。Stravaサブスクリプションでは、対応デバイスまたはStravaモバイルアプリで、Strava Beaconを無料でご利用いただけます。
    • ライブ パフォーマンスデータ:スピード、距離、位置情報をリアルタイムでモバイルデバイスに表示します。
    • 天候:アクティビティページに、アクティビティ中の天気が表示されます。天候情報は、Weather Kitのデータを使用しています。

その他の特典

    • Recover Athletics怪我の予防のために、 Recover Athleticsのカスタムエクササイズを利用できます。
    • FATMAP: 屋外アクティビティのための3Dマップとガイド。
    • 特典パートナーブランドや小売店などからの限定オファー。
    • iOSユーザー向け、カスタムアプリのアイコン。
    • 迅速なサポート。
この記事は役に立ちましたか?
148人中37人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。