サイクリングマシン、インドア、ランニングマシンでのアクティビティ

 

サイクリングマシン、インドア、ランニングマシンでのアクティビティを記録する方法

  • 現時点で、Stravaモバイルアプリではインドアおよびサイクリングマシンでのアクティビティを記録できません。
  • Strava Apple Watch Appを用いると、インドアのランニングを記録できます。
  • インドアのアクティビティは、Stravaアップローダーと互換性がある(または他のアプリからStravaへ同期できる)状態のデータであれば、Stravaと互換性のあるGPSデバイスやGPSを用いないデバイスで記録できます。
    • 特にスピードセンサー、ケイデンスセンサー、パワーセンサーを使用して屋内で記録をする際、サイクリングマシンでのアクティビティの記録中は デバイスのGPSを停止してください。距離やスピード等のデータを正確に分析しやすくなります。

アクティビティをサイクリングマシンやランニングマシンでのアクティビティとしてStravaウェブサイト上に記録する方法

StravaモバイルアプリではGPS信号なしにサイクリングマシンやインドアでのアクティビティを記録できません。よって、これらのアクティビティはウェブサイト上だけに記録されます。サイクリングマシンやランニングマシンとして記録するには、アクティビティの編集ボタン(ペンマーク)をクリックし、該当のタグを選択してください。また、ページ上部の『トレーニング』から「My アクティビティ」を選択すると、簡単にアクティビティを編集できます。

インドア・アクティビティページの概要

  • サイクリングマシンでのアクティビティページは、他のアクティビティ詳細ページと同様に見えますが、地図は表示されません。代わりに、心拍数、スピード、ケイデンス、パワー等のデータが取得できている場合は、パフォーマンスのグラフが表示されます。
  • 上記のような補足データがある場合、心拍数ゾーンの分析結果やパワー分析等のSummit機能を確認することができます。補足データがない場合にはパフォーマンスグラフが表示されないことがありますが、経過時間は加算されます。

 

デバイスでインドアのセッションを記録しなかった場合でも、Strava上に手動でデータを入力することができます。

持続時間、日時、距離等の基本的な項目を入力するだけで、トレーニング結果を記録に残すことができます。手動でアクティビティを記録するには、ウェブサイトの場合は右上の「+マーク」から「マニュアルエントリーを追加」を選択し、モバイルアプリの場合は「+マーク」から「マニュアルアクティビティ」を選択してください。

この記事は役に立ちましたか?
70人中56人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。