サイクリングマシン、インドア、ランニングマシンでのアクティビティ

Stravaモバイルアプリでの記録

スポーツタイプがクロスフィット、エリプティカル、ステアーステッパー、ウェイトトレーニング、ヨガ、ワークアウトのアクティビティは、Stravaモバイルアプリで記録できます。記録中に、アクティビティの開始時間と経過時間を確認することができ、心拍計をペアリングしている場合は、心拍数も確認できます。

現時点でモバイルアプリでは、インドアのランニングやライドの記録、また歩数計などのセンサーを使った距離測定はできません。ただし、Strava Apple Watchアプリを用いると、ウォッチの歩数計を使用して距離を測定することで、インドアのランニングを記録できます。

サードパーティアプリやデバイスでの記録

インドアのアクティビティは、Stravaアップローダーと互換性がある(または他のアプリからStravaへ同期できる)データであれば、Stravaと互換性のあるGPSデバイスやGPSを用いないデバイスで記録できます。特にスピードセンサー、ケイデンスセンサー、パワーセンサーを使用してインドアで記録をする際、サイクリングマシンでのアクティビティの記録中は、デバイスのGPSを停止してください。これにより、距離やスピード等のデータを正確に計測しやすくなります。

インドアおよびサイクリングマシンでのアクティビティページ

サイクリングマシンでのアクティビティページには、マップが表示されません。代わりに、心拍数、スピード、ケイデンス、パワー等のデータが取得できている場合は、パフォーマンスのグラフが表示されます。これらの補足データを持っていない場合、パフォーマンスグラフは表示されませんが、経過時間は取得できます。

この記事は役に立ちましたか?
118人中67人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。