ライドでのパワー算出方法

セグメントリーダーボードの「パワー」の横にある、このようなScreen_Shot_2022-04-04_at_1.37.07_PM.png稲妻マークは、パワーメーターと呼ばれるデバイスによってパワー値が記録されたことを意味します。パワーメーターは、一般的に自転車のクランクセット、ボトムブラケット、リアホイールのいずれかに組み込まれたデバイスで、ライドによって発生したワット数、つまりパワーを正確かつ継続的に計算します。

パワーメーターのデータが利用できない場合、Stravaはアスリートの体重、スピード、標高差の情報を使ってパワーを推定することができます。Stravaによるライドのパワー推定に必要な3つの要件は、以下の通りです。:

  1. こちらの指示に従って自転車をアカウントに追加し、自転車の重さを入力してください。アクティビティ用の自転車を追加・選択していない場合は、デフォルトのロードバイク(重さ9kg)が使用されます。
  2. プロフィール設定で自分の体重を入力してください。サイクルウェア、シューズ、水筒を含めた体重を入力すると、より効率的です。
  3. 該当アクティビティにおける、正確な標高データも必要です。Stravaは、気圧高度計で測定されたデータ、あるいは、Stravaの標高ベースマップから自動的に計算されたデータを使用して、パワーを推定します。

平均パワー計算

平均パワーは、ライド中の平均パワー数値を測り、ワット(ペダルにかける力の度合い)で表示されます。ライドの間ずっと計測され、ペダルを踏んでいない時間も含まれます。平均パワーは、パワーメーターを使用すると最も正確に計測されますが、パワーメーターをお持ちでない場合は Strava のパワー推定器で数値を概算します。

Stravaのパワー分析機能をぜひご覧ください。

この記事は役に立ちましたか?
100人中69人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。