フィットネス

『フィットネス』は、相対的エフォート(心拍数データまたは『主観的運動強度』の入力に基づきます)やパワーメーターのデータを使用して計算されます。これにより、自身のトレーニングのパターンを認識し、すべてのトレーニングが長期間にわたってどのように蓄積されているか、全体像を確認できます。フィットネススコアは、完全にあなただけのものです。過去2年間の任意の日付と比べて、現時点のポイントを示すことができるベンチマークとして機能します。

フィットネスグラフを見る

Stravaの有料会員は、モバイルアプリからフィットネスグラフにアクセスできます。アプリ右下のトレーニングアイコンを選択し、フィットネスの概要のいずれかをタップするとグラフをご覧いただけます。 フィットネスグラフの生成には、心拍数、主観的運動強度、パワーメーターのいずれかのデータを含むアクティビティが、最低1つ必要です。

  • 上部のメニューオプションから、 グラフに表示する期間を選択します。 
  • 選択した時間枠でのフィットネスレベルの増減率が、グラフの上にそれぞれ緑または黒で表示されます。 
  • オレンジ色の四角内に自動的に表示される数字は、当日のフィットネススコアです。 グラフ内の任意の点を選択すると、その日のフィットネススコアが表示されます。

 Japanese1.jpg Japanese2.jpg

Q&A

『フィットネス』とFitness & Freshnessはどう違いますか? 

Fitness & Freshness は、Stravaのウェブサイトでのみご利用可能で、フィットネスや、疲労レベル、フォームの変化を追跡できます。フィットネスは、Stravaのモバイルアプリでのみご利用いただけます。Stravaのメソッドに関する詳しい説明は、 フィットネスの計算方法をご覧ください。

『フィットネス』と相対的エフォートはどう違いますか?

相対的エフォートは心拍数データまたは『主観的運動強度』に基づきますが、個々のアクティビティごとに計算されます。相対的エフォートのグラフを使用すると、今週のワークアウトが先週よりも激しいかどうかを把握できます。こちらから、 相対的エフォートの詳細をご覧ください。

オーバートレーニングしていたら、『フィットネス』が知らせてくれますか? 

トレーニングをすればするほど、フィットネススコアが増え続けるとは限りません。相対的エフォートのグラフを相互参照することで、アクティビティを急激に増やしすぎていないか、怪我やオーバートレーニングのリスクがないかを把握してください。相対的エフォートはその週にどれだけトレーニングすべきかを示し、『フィットネス』ではアスリートの蓄積した進捗と健康状態を長期間にわたって時系列で記録できます。

ワークアウトを休んだ場合、フィットネススコアは下がりますか? 

はい、グラフは下降傾向になります。ただし、『フィットネス』は減衰を考慮に入れますので、長期間にわたる『フィットネス』の増強と減少は現実的な数値を反映します。 

『フィットネス』に心拍数と『主観的運動強度』のどちらを使用するか、どうやって選択すればいいですか? 

個々のアクティビティごとに、『フィットネス』と相対的エフォートの両方に寄与するデータを、心拍数データにするか『主観的運動強度』にするか選択できます。初期設定では、利用可能な場合に限り、心拍数モニタまたはパワーメーターからのデータが使用されます。心拍数の記録が不正確だったり記録されていなかったりした場合、アクティビティ編集画面で 『主観的運動強度』 を選択できます。

フィットネススコアの最高値はいくつですか?

『フィットネス』は蓄積されたトレーニングと休息を測定するので、上限はありません。『フィットネス』は、あなたとあなた自身のトレーニングの蓄積に固有のものですので、この数値は他者のフィットネススコアと比較することを意図したものではなく、比べることはできません。 

1か月間のグラフにある○印は何ですか?

○印は、その日のトレーニング負荷の合計を表し、○が大きいほど負荷が大きいことを意味します。心拍数や『主観的運動強度』を使用している場合は、その日の相対的エフォートの合計になります。

この記事は役に立ちましたか?
10人中7人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。