性別の設定とリーダーボードのフィルタリング

性別は、プロフィールページには表示されませんが、セグメントリーダーボードのフィルタリングや表示に影響します。性別に関係なく、アクティビティがセグメントリーダーボードに表示されるかどうかは、アクティビティのプライバシーコントロールの設定に依存することをご了承ください。

性別の設定を変更する方法

  • Stravaウェブサイトの場合:
    • 右上のプロフィール画像にカーソルを合わせ、ドロップダウンメニューから「設定」を選択します。
    • 性別の欄にカーソルを合わせ、鉛筆アイコンをクリックして選択します。
    • 「保存」をクリックします。
  • Stravaモバイルアプリの場合:
    • 「あなた」タブ上部のプロフィール画像をタップし、「編集」をタップします。
    • 「アスリート情報」の「性別」をタップし、スクロールして選択します。
    • iOSではOKをタップして性別選択画面を閉じ、「保存」をタップします。Androidでは性別を選択した後、右上の「完了」をタップします。

性別の設定を変更した場合、変更後の性別は、性別変更後に記録されたセグメントエフォートにのみ反映されますのでご注意ください。例えば、性別の設定を男性から女性に変更した場合、変更前に記録されたセグメントエフォートは男性専用のリーダーボードに残りますが、変更後に記録されたすべてのセグメントエフォートは女性専用のリーダーボードに表示されます。

リーダーボードのフィルタリングとアチーブメント

Stravaサブスクライバーが利用できる全セグメントリーダーボードは、性別でフィルタリングすることができます。セグメントリーダーボードのフィルタリング方法についてはこちらを、セグメントで獲得できるアチーブメントについてはこちらをご覧ください。

  • 性別の選択に関係なく、すべてのアスリートが全期間のリーダーボードの対象となり、サイクリングとサイクリング以外の両方のリーダーボードで最速記録(CR)達成の対象となります。
  • 性別が男性に設定されているアスリートは、男性専用のリーダーボードと、サイクリングリーダーボードのキング・オブ・ザ・マウンテン(KOM)達成の対象となります。
  • 性別が女性に設定されているアスリートは、女性専用のリーダーボードと、サイクリングリーダーボードのクイーン・オブ・ザ・マウンテン(QOM)達成の対象となります。
この記事は役に立ちましたか?
8人中1人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。