心拍データによるパフォーマンス分析

運動中に心拍数を測定することは、長期間にわたって自分の健康状態をよりよく理解するのに役立ちます。これは、自分がどれだけ努力しているか、また、激しい運動に適応するためにどれだけ体を鍛えてきたかを示す優れた指標です。心拍データを用いることで、 相対的エフォート心拍数ゾーンフィットネススコアの自動算出など、Stravaサブスクライバー向けの便利な機能をご利用いただけます。

Stravaは、Garmin、Fitbit、Apple Watch、Wahoo、Polar、Suunto、TomTomなどの、心拍データを記録する多くのGPSデバイスと互換性があります。GPSウォッチまたはその他のサポートされているデバイスを接続するには:

  • ウェブサイトの場合は、
    • 右上の+アイコンをクリックし、ドロップダウンメニューから「アクティビティをアップロード」を選択してください。
    • アクティビティをアップロードしたいデバイスの下の「始める」をクリックしてください。
    • 画面上の指示に従ってアカウントを接続してください。
  • モバイルアプリの場合は、
    • プロフィールをタップし、右上のギアアイコンから「設定」ぺージを開きます。
    • iOSの場合は「アプリケーション、サービス、デバイス」、Androidの場合は「他サービスへリンク」をタップします。
    • 「新しいデバイスをStravaに接続する」をタップします。
    • お使いのデバイスのブランドを選択し、指示に従ってStravaアカウントと接続してください。
    • お探しのブランドがない場合は、上記の方法で Stravaウェブサイトをチェックしてください。

スタンドアロンデバイスのBluetooth心拍計を使用している場合は、 Stravaと直接ペアリングすることはできなくなりました。ただし、センサはWahoo Fitnessアプリとペアリングすることができ、Wahoo FitnessとStravaアプリを接続すると、心拍データを含むWahoo Fitnessで記録されたアクティビティが自動的にStravaにアップロードされます。アカウントの接続方法の詳細については、 こちらを参照してください。

Stravaを互換性のあるデバイスに接続し、Stravaに ヘルスデータの収集と使用を許可すると、アクティビティのアップロードの際に他のデータと共に心拍データが 共有されます。 心拍データを他のアスリートと共有したくない場合は、心拍数を非表示にすることができます

この記事は役に立ちましたか?
92人中10人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。