アクティビティの記録

アクティビティの記録

画面下部のナビゲーションメニューから「記録」をタップし、記録画面を表示します。Stravaはデフォルトで、前回記録したスポーツタイプで記録しますが、スタートボタンの上にあるスポーツアイコン(シューズや自転車などのアイコン)をタップして、スポーツタイプを変更することができます。

  • 記録を開始するには、画面下部の「スタート」ボタンをタップします。
  • GPSを使用したアクティビティを記録している場合、ピンのアイコン(下図参照)をタップすると、マップ画面と統計画面を切り替えることができます。
    IMG_0480.jpg

記録画面の右上にある歯車のアイコンをタップすると、以下の設定を行うことができます。

  • 表示設定では、記録中に画面をスリープ状態にしない様、設定することができます。Androidをお使いの場合は、「表示設定」の下のオプションから設定してください。
  • アクティビティの開始/停止/一時停止、ランニングスプリット、ライブセグメントに対して、音声キューを有効にすることができます。
  • 自動停止をオンにすると、ハンズフリーで一時停止にすることができます。また、自動停止をオフにして、アクティビティをサーバーにアップロードするタイミングで移動時間を計算することも可能です。
  • ライブセグメントをオンにすると、スマートフォンを利用して、セグメントで競い合うことができます。
  • Strava Beaconをオンにすると、最大3人の緊急連絡先とリアルタイムの位置情報を共有できます。
  • Bluetooth Low Energy(BLE)心拍数センサーと接続することができます。

アクティビティを一時停止、保存、終了する

停止アイコンをタップすると、アクティビティが一時停止されます。アクティビティの時間から休憩時間を省くには、いくつかのオプションがあります。

  • 移動時間を完全に把握したい場合を除き、停止中に記録を一時停止する必要はありません。一時停止ボタンを利用する場合は、常に一時停止ボタンを使用する必要があります。
  • 自動停止機能を利用する場合、アプリはGPSデータまたはスマートフォンの加速度センサーを使用して、休憩時間を測定します。屋内に入った場合は、手動で一時停止してください。屋内で一時停止を行わない場合、GPS信号が妨害され、誤って自動的に再開されることがあります。
  • 自動停止をオフにし、手動での一時停止も行わなかった場合、アクティビティがアップロードされた後、サーバー側ですべての計算が行われます。Stravaでは、GPSデータを使って休憩時間を測定します。

「完了」ボタンをタップすると、アクティビティの保存画面が表示されます。

  • アクティビティのタイトルを付けたり、メディアを追加することができます。また、アクティビティの詳細記述や、公開範囲の変更も可能です。
  • iOSの場合は、「アクティビティを保存」をタップしてStravaサーバーにアップロードします。Androidの場合は、画面右上の保存オプションを選択してください。「アクティビティを破棄」をタップすると確認画面が表示されます。一度破棄したアクティビティは、復元できませんのでご注意ください。
  • アクティビティは即時にフィードにアップロードされます。同期が完了すると、アクティビティの全詳細を確認することができます。

IMG_0498.jpg IMG_0499.jpg

その他の記録機能

  • 画面左下の「マップ」をタップすると、ルートを表示することができます。詳しくはこちら
  • スピード、ケイデンス、心拍数、パワー値などの統計データをリアルタイムに表示します(サブスクリプション限定機能)。平均値ではなく現在の値が表示され、ランニングでは、現在の平均スプリットペースが表示されます。
  • 現在地を表す円形のGPSインジケーターで、GPS信号の強度が分かります。円が小さいほどGPS信号が強く、正確な位置を示します。
    IMG_2291_2.jpg 

アプリのデータ使用量

Stravaアプリは記録中にGPS信号を使用するため、マップを表示したり、ライブセグメントやBeaconをONにしない限り、データ通信は行われません。記録が終了すると、Stravaサーバーにアクティビティを同期するため、いくつかのデータを転送する必要があります。データ転送量は通常、2時間の記録で約1MBですが、多少異なる場合があります。また、フィードを更新するために少量のデータ転送が発生します。ただし、Wifiを利用できる環境でアクティビティを同期したりフィードを表示する場合は、スマートフォンによるデータ通信を防ぐことができます。

Q & A

アクティビティが正しく記録されません。アクティビティにマップがない、あるいは、記録されたマップが実際のアクティビティと異なります。

GPSの接続に問題がある可能性があります。GPS関連のトラブルシューティングの記事を参照してください。

保存ボタンをタップしても、アクティビティがアカウントに同期されません。

同期に関するトラブルシューティングの記事を参照してください。

この記事は役に立ちましたか?
91人中41人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。