モバイルアプリでのルートの使用

仕組み

Stravaのサブスクリプションでは、選択したロケーションで、ランニングやライドのルートをお好みの設定で自動作成できます。おすすめのルートは、Stravaで公開されているアクティビティとOpenStreetMapのオープンソースデータに基づいて作成されます。Stravaでは、検索条件にマッチする近隣で人気の通過地点を選択することで、ルートを作成します。そしてデータを調整し、ルートを最適化して、選択した通過地点をつなぐループ状のコースを作成します。

おすすめのルートは既存のデータを使用しており、不完全または不正確な場合がありますので、常に道路やトレイルの安全をしっかりと確認し、実際の交通規則や物権法に従ってください。

ルートの検索と保存

おすすめのルートにアクセスするには、下部のナビゲーションメニューから 「探索」 を選択し、 「ルートを探索」をタップします。Stravaは、デフォルトで現在地を出発地点として使用します。マップの左上にある 「現在の位置情報」 をタップして別の場所を検索したり、マップ上の任意の地点を長押しすることで、新しい場所にマークを付けてルートを作成することもできます。生成されたルートをさらにカスタマイズするには、以下のオプションを使用しましょう:

  • スポーツ: ランニング、ライド、ウォーキングのいずれかを選択することで、それぞれのスポーツに最適なルートを作成します。
  • 距離: おおよその距離を指定することで、Stravaはその距離でベストのルートを探します。最高水準のルートを提供するために、ルートの実際の距離は、指定された距離とは異なる場合があります。 
  • 標高: 勾配を避けたり、あるいは、標高を最大にすることもできます。獲得標高を最小化/最大化できるかは、選択されたロケーション周辺の地形により異なります。
  • 路面: 舗装された道かオフロードを選択することで、Stravaではユーザーのお好みに応じてベストなルートを検索します。オフロードには砂利道やトレイル、岩場の多い場所が含まれます。路面の状態に関係なく、最善のルートを探している場合は、路面タイプで「指定なし」を選択してください。

おすすめのルートは、 ルート画面 もしくは、個々のルートの詳細画面から、直接、ルート画面に保存可能です。保存したルートは、右上の+アイコンから見ることができます。

  • デフォルトのルート名を変更することができます。
  • ルート画面上で、他のアスリートにもルートを公開したい場合には、ルートを保存する際に プライバシーコントロールの項目で、 「全員」 を選択してください。このオプションをオフにすると、そのルートはあなたにしか見えなくなります。

Q & A

開始地点が現在地にならないのは何故ですか?

お使いのスマートフォンの設定で、Stravaアプリに位置情報の使用を許可しているかご確認ください。iOSではプライバシーから位置情報サービスを選択し、Stravaアプリを見つけます。Androidでは設定からアプリを選択しますが、位置情報の設定は、各デバイスにより異なります。

ルートの路面はどのように判定されますか?

OpenStreetMapでのクラウドソースによるデータと、Stravaアスリート達が使用する自転車のフレームに関するデータを組み合わせることで、世界中のルートの路面タイプを判定しています。

推定移動時間はどのように算出されますか?

ライドルートの推定移動時間は、各アスリートの過去4週間の平均スピードを用いて計算されます。ランニングルートの推定移動時間は、各アスリートの過去4週間のGrade Adjusted Pace (GAP)を用いた上で、ルートの標高変化も考慮に入れます。

過去に保存したルートを使用するにはどうしたら良いですか?

Stravaモバイルアプリで、「記録」画面の左下にあるルートアイコンをタップします。使用したいルートを選択し、右下の 「ルートを使用」をタップすると、選択したルートが記録画面に組み込まれ、ナビゲーションに利用できます。詳細は こちらをご覧ください。Garminデバイスで記録する場合、 保存したルートを自動的にGarminに同期させることができます。また、Stravaのウェブサイトから、ルートのデータをTCXまたはGPX形式でダウンロードして、これらの形式のルートファイルが使用可能なデバイスにアップロードすることができます。

この記事は役に立ちましたか?
22人中6人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。